【Topic】カイロプラクティックで機能を維持するということ

膝が痛くて正座ができない、股関節がかたくて足を開くと痛い、肩が上がらない等、加齢に伴って多くの方が経験される症状があります。レントゲンを撮るとお医者さんに「骨が変形しているから仕方がないですね」と言われてしまうことが多いタイプです。「年だから仕方がない」という諦めの言葉が、本人の口から聞かれることさえあります。

確かに骨の変形をカイロプラクティックで元に戻すことはできません。程度によっては、手術の適応になることもあります。ただ、ヒアルロン酸の注射をくり返すレベルであれば、カイロプラクティックで機能を維持・回復させることで、QOL(生活の質)の向上につながるかもしれません。

よく「何もしていないのに、突然こうなった」とおっしゃる方がいらっしゃいます。おそらく突然気付かれたのだと思いますが、症状は気付かないうちに進行していたのでしょう。人間は自分のできる範囲の動きの中で生活しているため、機能が低下していても気が付いていないことがあります。何もしていなかったからこそ、機能が低下してしまい現在の症状が出てきてしまったと考えられます。

二十代くらいまでは、肉体的な成長(構造と機能)が見込めます。しかし、構造的な成長が止まったあとは、培われた機能を維持していくことが大切になってきます。そこから先の人生の方が長いのですから。

カイロプラクティックでは問題のある関節(背骨や四肢)を、本来動いていくべき方向に動きをつけていきます。関節の可動域を広げ固有受容器から脳に刺激を届けることで、失われていきそうな機能の回復・維持をはかります。骨(構造)の変形があっても症状や機能に問題がない人がいることからも分かるように、たとえ変形していても機能回復をはかることで症状が落ち着いてくることがあるのです。また完全には機能が回復しない場合でも、症状悪化を防止するために、今ある機能を維持させていく必要があります。

まとめ
・二十代までは構造と機能が成長する
・構造の成長が止まった後は、QOL(生活の質)にとって機能の維持が大切になる
・カイロプラクティックで機能の回復・維持をはかろう
(G)


→このページのTOPへ
スターカイロ ブログ カテゴリ 最近の記事 月別アーカイブ
日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ

STARカイロプラクティック自由が丘整体院の口コミをもっと見る