【Topic】咳がひどく、背中が痛い

季節柄、電車やバスに乗ると咳をしている人が多く、マスクは必須ですね。風邪やインフルエンザで、咳が長引いて背中が痛くなるケースが多くみられます。

ご存知のように、咳の目的は痰や異物を体外へ排出することです。防御反応なので、咳の原因が取り除かれると咳はおさまっていきます。
問題となるのは、咳が長引くケースです。咳は意外とエネルギーを消費します。そのため、長引くと体力が消耗されてしまいます。また、骨密度が低下した高齢者の場合、咳の衝撃によって肋骨を骨折するケースもあります。早めの原因究明と、対処が大切ですね。

さて、風邪やインフルエンザで咳が長引くと、背中が痛くなることがあります。咳は、空気を肺や気道から強制的に排出させるため、胸郭の反射的な収縮運動が繰り返されます。呼吸筋や肋骨への負荷がかかり、背中が痛くなってしまっても仕方がありません。また、肩甲骨の間は、胃の関連痛が現れやすい部位です。薬の長期使用で胃が荒れていると、肩甲骨の間にも症状が出ることがあります。

こんなとき、カイロプラクティックで検査をすると、胸椎や肋骨の関節が固まって動きが悪くなっていることがほとんどです。動きの悪くなった関節に、カイロプラクティックの矯正をしていきます。すると、緊張していた筋肉が緩んできて、肋骨の可動性が良くなり、呼吸がスムーズに行えるようになっていきます。それに伴い、背中の痛みも減っていきます。

咳がつらく背中が痛い場合、カイロプラクティックを試してみてはいかがでしょうか。
(G)


→このページのTOPへ
スターカイロ ブログ カテゴリ 最近の記事 月別アーカイブ
日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ

STARカイロプラクティック自由が丘整体院の口コミをもっと見る