いびき【健康】

“いびき”は睡眠中にのど(上気道)が狭くなったとき、そこを通る空気によって発せられる呼吸雑音です。
寝ると、舌のつけ根が奥へ下がり周辺の筋肉もゆるむため、だれでも少しはのどが狭くなります。健康な人ならば極端に狭くなることはないので、寝息程度の音しかしません。ところが、太ったり年をとって筋肉や粘膜が緩んだりして気道が狭くなったり、鼻やのどの病気で分泌物が多すぎたり逆に少なすぎたり、疲れのせいで眠っていても交感神経が高ぶったまま、など何らかの異常があるとのどの狭まりもひどくなり、いびきとなるのです。

異常があってのどが狭くなるとひとくちに言っても、心配のないいびきと注意が必要ないびきとがあります。

心配のないいびきは、同室者の睡眠を妨げない程度の静かないびき、グーグー、ガーガーといった規則的なリズムで、本人の自覚症状がまったくないいびき、入眠時だけのいびきなどです。
お酒をたくさん飲んだときや疲れているとき、風邪をひいたときなどにも、いびきをよくかきます。
こうした一時的ないびきは慢性的にいびきをかくような場合でなければ心配いらないそうです。

注意が必要ないびきは、常習的な大きないびき、いびきをかいていなかった人が突然かきはじめた大きないびき、おかしな音のいびき、音質が今までと大きく変わったいびき、息を吸うときだけでなく吐くときもいびきが起こる往復いびき、呼吸が一時的に止まるいびき(=睡眠時無呼吸症候群)などです。
注意が必要ないびきをかく人は、専門医(耳鼻咽喉科や内科)を受診してみてください。

睡眠中に長時間呼吸が停止すると、血液中の酸素が減少して二酸化炭素が増加し、交感神経が活性化されます。また閉塞された気道を通過させようと強引な努力呼吸をするようになると、心臓に大きな負担がかかりますし、首肩回りの筋肉が過度に緊張してこりやすくなります。
朝起きたときに首肩回りが異常にこっているという方は、いびきをかいている可能性もあります。

疲れや神経のたかぶりなどによる一時的ないびきが気になるようになったら、スターカイロがお役に立てることがあります。カイロプラクティックでは首肩回りのこりをゆるめるための施術や背中の緊張をほぐす施術をおこなって、よりからだが休まるようにお手伝いをします。
(M)


→このページのTOPへ
スターカイロ ブログ カテゴリ 最近の記事 月別アーカイブ
日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ