便秘でお困りの方に朗報です~排便困難型便秘のリハビリ~【健康】

国内初の医療従事者向け『慢性便秘症診療ガイドライン2017』で、新しいタイプの便秘が紹介されました。
その名も、排便困難型便秘です。ご存知ガッテンで、この「排便困難型」の便秘について特集されていました。

「排便困難型」便秘の特徴は、便意はあるのに便が出しづらいというものです。原因の一つが、肛門近くにある恥骨直腸筋を緩められないことです。便を出そうといきんだ時に、恥骨直腸筋に力が入ってしまい直腸を締め上げてしまうため排便が困難になっている、ということでした。
そして、以下の一般的な「排便回数減少型」便秘の対策では、ほとんど効果がない厄介なものなのです。
・食物繊維をとる
・腸内環境を整える
・体操・運動
・マッサージ
・薬

「排便困難型」便秘の対策は、この恥骨直腸筋を緩められるようにすること。その方法が、ガッテンの公式サイトに図入りで載っています。
①肛門をぎゅっと締めて、5秒待つ
②そこから脱力し、5秒待つ
この①と②を繰り返すことで、先ほどの恥骨直腸筋を緩められるようになるそうです。番組に出演していた高野医師によれば、6割~7割の人が改善するそうです。
また、排便時の姿勢も重要で、「考える人」のポーズ(前傾姿勢)が恥骨直腸筋を緩めやすいそうです。
*お子様の便秘で床に足がつかない場合は、台を使い和式便所のように膝を便座より上にしてあげるのが良いです。日本人は肛門が奥まっているので、洋式より和式の方が本来は合っています。

さて、上記のリハビリでは改善しない人も、中にはいそうですね。
まず、肛門を緩める感覚をつかめない人向けには、バイオフィードバック療法が紹介されています。まだ日本では受けられる病院が少ないとのことですが、一度探してみてはいかがでしょうか。
次に、新しいタイプの便秘薬が合う場合もあるそうです。市販薬には従来の薬しかないので、お医者さんで相談してみましょう。

これまでの対策と今回のリハビリをやっても、なかなか便秘が改善しない人は、神経の働きを整えてみるといいかもしれません(器質性便秘を除く)。
恥骨直腸筋を緩められない便秘は、骨盤底筋協調運動障害です。排便時には自律神経と体性神経がかかわっているので、本人の意思だけではどうしようもないことはご存知のとおりです。そんな時カイロプラクティックでは、腰椎や骨盤の問題箇所にアプローチすることで神経の働きを整えていくことができます。
まだ何かできないかとお悩みの方は、カイロプラクティックはいかがでしょうか。
(G)


→このページのTOPへ
スターカイロ ブログ カテゴリ 最近の記事 月別アーカイブ
日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ

STARカイロプラクティック自由が丘整体院の口コミをもっと見る