腰痛がつらいのに、整形外科では異常なしと言われる。なぜですか?【Q&A】

今までに経験したことがないくらい、腰が痛くてたまらない。朝起きると腰が重だるくて、ずっと座っていると辛くていてもたってもいられなくなる。こんなにひどい状態なのに、お医者さんでレントゲンを撮ってもらっても「異常ありません」と言われてしまった。「湿布で様子をみてください」と言われたけれど、なかなか良くならない。

上記のような経験をされている方は、少なくないことでしょう。なぜ、こんなことが起こるのでしょうか?

ご存じのように、整形外科の分野で腰痛の8割近くが原因不明と言われています。裏を返せば、2割は診断がつくということです。その2割を見つける正常と異常の線引きが、手術適応かどうかなのです。放置しておくと危険な状態(麻痺の進行・生命の危機、等)を、手術で解決するのが病院の仕事です。そのため、目に見えるレントゲンやMRIといった画像所見での異常が、重要視されます。国民皆保険で短時間の診療にならざるをえない病院では、仕方がないことだと思います。そのため上記のように、痛いのに「異常がない」ということが、頻繁に起こるのです。

手術適応でないと判断されると、湿布や痛み止めといった保存療法が選択されます。ここで痛みがよくならなくても、重篤な問題は見当たらないという太鼓判を押されたと思って安心してください。

カイロプラクティックは手術と保存療法の中間に位置している、と考えていただくといいかもしれません。整形外科での治療は両極端なため、保存療法では効果を感じられない方が多くいらっしゃいます。湿布や痛み止めより、もう少し積極的なアプローチを求めている方は、カイロプラクティックがお役に立てる可能性があります。整形外科では静止画での異常に着目しますが、カイロプラクティックでは動きや神経の働きの異常を検出できるからです。

カイロプラクティックでは、背骨や骨盤の関節の動きを正すことで、神経機能を改善させていきます。関節の引っかかり自体が痛い場合は、引っかかりがとれることで痛みが軽減していきます。加えて、動きが正されることにより神経機能が改善されます。周囲の痛みや筋肉にまで、効果は波及します。慢性的に筋肉が強張っている場合でも、その大元の背骨を調節することで神経機能から改善していくことができるのです。

まとめ

・痛くても「異常なし」と言われることは、珍しくない
・整形外科の正常と異常の線引きは、手術適応かどうか
・湿布や痛み止めより積極的にアプローチしたい時は、カイロプラクティックで神経筋骨格系の機能改善
(G)


→このページのTOPへ
スターカイロ ブログ カテゴリ 最近の記事 月別アーカイブ
日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ

STARカイロプラクティック自由が丘整体院の口コミをもっと見る