腰痛ですが、コルセットは巻いた方がいいですか?【Q&A】

腰痛がひどくても、なかなか仕事を休めない方からされることが多い質問です。答えはズバリ、場合によりけりです。巻いた方がいい時もあれば、巻かない方がいい時もあります。

そもそもコルセットや腰痛ベルト・骨盤ベルトは、固定を目的とされています。腰痛が出る姿勢をとらないようにさせて、筋肉をサポートします。そのため痛みを軽減させることはできても、腰痛そのものを治すためのものではありません。

おおまかに言うと、コルセットや骨盤ベルトを巻いた方がいい時は、どうしても動く必要があるにもかかわらず痛みがひどい場合です。ぎっくり腰(急性腰痛)などで少しでも動くと痛いような時や、コルセットを巻いた方が楽な時には巻いてください。そうすることで、痛めている部位が悪化することをできるだけ防ぎます。

逆に、コルセットや腰痛ベルトを巻かない方がいい時は、腰痛が慢性化してしまって習慣で巻いてしまっているような場合です。筋肉が衰えていってしまうのは、このパターンです。慢性化しているときには、筋肉が衰えないようにむしろ動かしていった方がよい場合がほとんどです。

カイロプラクティックでは、その時の状況でどうするかを判断していきます。多くは、関節の動きが悪くなっているところを動かしていくことで、神経の働きが改善されていきます。すると治癒力が働きやすくなるので、徐々に症状が緩和されていきます。急性腰痛の場合では炎症が強く疑われることがあるため、一回の施術ではズキッとした痛みが残ることがあります。そうした時に、コルセットやベルトの着用をオススメする場合があります。治癒過程を邪魔しないようにするためです。

逆に関節の動きがルーズになっていて、腰痛を起こしている場合もあります。そんな時には、固定するためにコルセットを巻いた方が良いです。妊婦さんのお腹が大きくなってくる頃に、関節の動きすぎがみられる腰痛はこちらです。

そして、どのようなタイプのコルセットを巻くかも、重要になってきます。幅の広いものから、細いものまで様々なタイプのベルトが市販されています。骨盤に巻くタイプ、腰(腰椎部分)に巻くタイプ、両方をカバーできるタイプが体表的なものです。

ご自身の状態が良く分からない時は、一度ご相談ください。

まとめ
・コルセットは、巻いた方がいい時と巻かない方がいい時がある
・安静が必要なタイミングで、動く必要がある時は巻く
・なんとなく習慣で巻いていると、筋肉が衰えてしまい逆効果になる
・カイロプラクティックで、腰痛になりにくい状態を維持していく


→このページのTOPへ
スターカイロ ブログ カテゴリ 最近の記事 月別アーカイブ
日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ

STARカイロプラクティック自由が丘整体院の口コミをもっと見る