タグ: , ,

「腰痛をメンテナンスして、ボランティア活動を続けたい」(70代後半男性 元大学教授)

腰痛自体は、慢性的にある。原因はバランスが悪く、骨盤のゆがみと足の長さが左右で違っているからだと思う。アメリカでカイロプラクティックを受けた時に、そう言われた。その時にレントゲン撮影もしたが、「twisted spine」と言われた。

若い頃、ヒッチハイクで世界中を旅していた。行き当たりばったりで泊まるところもなかったが、貧しい人ほど親切にしてくれた。今、その恩返しでボランティア活動をしている。世界各地の貧しい地域で家を建てる手伝いをしているが、レンガを積んだりペンキを塗ったりと体を使うので、腰痛をメンテナンスしておきたい。

初回来院時の状況

持参されたレントゲン画像では、3番目と4番目の腰椎が癒合していた。そのため、第5腰椎に負担がかかり、骨盤にも左右差が出て脚長差があった。ご自身の言う通り、バランスの悪さが腰痛の原因になっていた。

施術内容及び経過

問題の見つかった第5腰椎と骨盤(仙腸関節)に、カイロプラクティックの矯正を行っていった。また関連している股関節の動きも正していった。短縮しているハムストリングスのストレッチも加えながら、バランスを正していった。

短期集中で3回施術をしてバランスが整ってきたところで、ボランティア活動のため海外へ旅立っていかれた。

担当者コメント

若い頃の恩返しのため、お仕事を引退されてからボランティア活動をされている方です。頭が下がります。腰痛のままではボランティア活動に支障がでるため、日本に戻って来られる度にメンテナンスにいらっしゃいます。そうしてまた体調を整えて、ボランティアに旅立って行かれます。

年だからと諦めることなく、自分のやりたいことをする。そのお手伝いを、カイロプラクティックでさせていただいています。カイロプラクティックは、アンチエイジングにもお役に立つことができます。
(G)

№E71516

→症例報告のトップページに戻る

カテゴリ タグ ぎっくり腰 しびれ アスリート パフォーマンス メンテナンス 予防 側弯症 全身 医療関係者 坐骨神経痛 姿勢 子供・学生 寝違え 有名人 椎間板ヘルニア 猫背 産後 股関節痛 肩こり 肩甲骨 背中の痛み(背部痛) 背骨のゆがみ 腰痛 膝痛 自律神経 頚部痛(首の痛み) 頭痛 首こり 骨盤のゆがみ 骨盤矯正
日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ

STARカイロプラクティック自由が丘整体院の口コミをもっと見る