タグ: , , ,

「ベル麻痺、顔面神経の症状、顔がゆがむ」(20代女性 舞台俳優)

2週間前、右眼でまばたきが出来なくなり、口元が動かしづらくなった。
3日後、病院へ行き「ベル麻痺」と診断された。末梢血管の拡張剤、血管拡張し代謝を高める薬、末梢神経改善のためのビタミンB12、ステロイド系の抗炎症剤をもらって飲んでいる。
1週間前から、首が痛くなり、張りが出てきて、頭痛もするようになった。
今はその他、右頬の圧痛、眼の周囲からの頭痛、後頭部から首にかけての痛み、肩こりがある。

初回来院時の状況

典型的なベル麻痺の症状が出ており、右側の顔半分は無表情になり、右眼は閉眼ができない状態で顔全体が左に引っ張られている感じになっている。口元もやや左が動くだけでぎこちない状態である。
それに伴い、関連する頚椎には関節の問題個所(サブラクセ―ション)が見つかった。影響で頚椎と胸椎の移行部にもサブラクセ―ションが見つかった。

施術内容及び経過

薬を飲み始めて10日以上経っても変化がなく頭痛や首痛なども出始めていたため、不安に思っていた頃に来院された。
同部位への矯正(アジャストメント)によって頭痛や首痛、肩こりがすぐに解消され、ちょうどその頃より薬の効果も出てきたのかもしれない。2回目の来院の頃にはベル麻痺も他人には分からない程度に軽減しステロイドも止めていた。3回目にはほとんどの症状はなくなり、自身がほんの少し気になる程度であった。4回目には全く気にならなくなったとの事。3週間で4回の治療を施した。

担当者コメント

年頃の女性で特にお仕事の時には人前に立つお仕事ですので非常に心配されていました。真夏なのにマスクをしての来院でした。この方のような症状もカイロプラクティックでは珍しくありません。
芸能仲間からのご紹介で来ていただきましたが、その後もメンテナンスや何かあった時に来院していただいております。益々のご活躍を応援しております。
(T)

№D77713

→症例報告のトップページに戻る

カテゴリ タグ ぎっくり腰 しびれ めまい アスリート パフォーマンス 予防 側弯症 全身 医療関係者 坐骨神経痛 姿勢 子供・学生 寝違え 急性腰痛 有名人 椎間板ヘルニア 猫背 産後 股関節痛 肩こり 肩甲骨 背中の痛み(背部痛) 腰痛 膝痛 自律神経 頚部痛(首の痛み) 頭痛 首こり 骨盤のゆがみ 骨盤矯正
日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ