タグ: , ,

「脚の痛み:脛・ふくらはぎの外側」(40代男性 歯科医師)

15年ほど前から時々ぎっくり腰をやっており、1年~2年に1回程度計7~8回起こっている。大体2週間程度腰痛があり腰が歪んだ状態になっている。

脚に症状が出たのは今回が初めてである。10日ほど前から腰が重く、1週間前から左のでん部痛み出し徐々に下肢、下腿の方へ痛みが移動していった。

初回来院時の状況

坐骨神経に沿った痛みを出しているが、椎間板ヘルニアの検査では概ね陰性を示し、椎間孔(腰の神経の出口)を狭くするようにストレスを掛けると症状が増悪されるため、同部位で坐骨神経が拘厄されることによって症状が出ていると考えられた。既往歴や症状などから同部位の椎間板はヘルニアしていなくても変性扁平化している可能性が高いと考えられた。

施術内容及び経過

うつ伏せで神経の出口を広げるような姿勢をとり、ブロックで左右バランスを整えると症状が軽くなる体勢があり、その状態を維持することで症状を軽減させ、その後、問題の関節(サブラクセーション)に矯正(アジャストメント)を加える平均週に1回を計3回で概ね症状は改善された。

担当者コメント

時々起こっているぎっくり腰は椎間板の変性が関与しているような感じがします。それを繰り返しているうちに椎間板はどんどん扁平化し、骨と骨の間が狭くなり神経の出口も狭くなったのではないかと考えられます。そうするとわずかな左右差でも神経症状が出るようになってきます。この方は歯科医師ですのでいつもの治療姿勢と同じ歪み方をしていました。
(T)

№D30812

→症例報告のトップページに戻る

カテゴリ タグ ぎっくり腰 しびれ アスリート パフォーマンス メンテナンス 予防 側弯症 全身 医療関係者 坐骨神経痛 姿勢 子供・学生 寝違え 有名人 椎間板ヘルニア 猫背 産後 股関節痛 肩こり 肩甲骨 背中の痛み(背部痛) 背骨のゆがみ 腰痛 膝痛 自律神経 頚部痛(首の痛み) 頭痛 首こり 骨盤のゆがみ 骨盤矯正
日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ

STARカイロプラクティック自由が丘整体院の口コミをもっと見る