タグ: , , ,

「腰痛、臀部痛、下腿と足底のしびれ」(50代男性 医師)

1か月前にぎっくり腰になり、以来腰痛は軽減してきたが臀部痛と足底のしびれがある。靴下を履く動作などで誘発される。レントゲンで下部腰椎の椎間が狭くなっていると言われ、痛み止めとビタミンを飲んでいる。日常ではコルセットを着用している。

初回来院時の状況

腰部から背中全体にかけて軽度の構造的側弯がある方で、腰部は腰椎前弯が失われ腰仙部(腰の一番下で骨盤と背骨の間)にストレスが集中するような姿勢をしている。椎間板の問題を疑うような整形外科学検査では全て陰性を示すが、腰部を伸展し腰仙部にストレスを掛けるような検査では腰痛から下肢のしびれまで陽性を示す。また体幹の右回旋でも下肢症状陽性を示す。

施術内容及び経過

検査から明らかなように下部腰椎の問題(サブラクセーション)が疑われる。レントゲンでも観られたように椎骨と椎骨の間が狭くなり、そこに左回旋変位が加わった為に神経の出口が狭くなり、そこを強調すると症状が誘発される状態であると考えられた。
同部位の矯正と共にそこにストレスを掛けていると思われる他の部位にも動きを付けるように矯正を加えて行く。平均週一回の通院を行い、1回目の施術で腰痛はなくなったが踵辺りにしびれ(痛み)が残ったとの事。2回目以降は症状が軽減した為、痛み止めなどの薬は飲む事をやめたとの事。4回目終了後からは生活レベルでは症状は出なくなったが、ストレスを強く掛けるとまだ症状が出るとの事。その後は徐々に間隔をあけ月1回程度のメンテナンスで概ね症状は出なくなった。
時に腰部が非常に疲れた後などに強いストレスを掛けると若干症状を感じる事があるとの事。

担当者コメント

上下の背骨と背骨の間から神経が出てきますが、椎間板ヘルニアでなくてもその隙間が狭くなると神経症状が出る事があります。この方は医師ですのでその辺はよくご存知で、それに対する治療法としてカイロプラクティックを選択して頂けた事は同じ医療に携わる者として大変光栄に思っております。
カイロプラクティックを受診される医療従事者の方は意外と多く、このようなことの積み重ねがカイロプラクティックだけでなく医療界全体の今後に大いに役立つと思っております。(T)

№C83911

→症例報告のトップページに戻る

カテゴリ タグ ぎっくり腰 しびれ めまい アスリート パフォーマンス 予防 側弯症 全身 医療関係者 坐骨神経痛 姿勢 子供・学生 寝違え 急性腰痛 有名人 椎間板ヘルニア 猫背 産後 股関節痛 肩こり 肩甲骨 背中の痛み(背部痛) 腰痛 膝痛 自律神経 頚部痛(首の痛み) 頭痛 首こり 骨盤のゆがみ 骨盤矯正
日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ