タグ: , ,

「首の痛みと指のしびれ:頸椎症」(50代女性 会社員:事務職)

慢性的に肩こりと首の張りがひどかった。一か月前左手の親指、人差し指あたりがしびれ始める。その後、左側の首と肩の付け根あたりも痛くなってきた。
そのため、整形外科へ行きレントゲンを撮ってもらい「少し骨と骨の間隔が狭くなっており神経を圧迫しているかもしれない」と言われ「頸椎症」と診断された。牽引と電気治療とマッサージ、薬(消炎鎮痛剤、胃薬、ビタミンB12)と湿布をもらい、毎日通うが二週間経っても変化が出ず、最近になって左腕全体と肩の前面にもしびれのような重さが拡がり始めた為、来院する。

初回来院時の状況

左頚肩部の痛み、左肩前面から上肢全体のだるさと、左1指2指若干3指にしびれを伴っていた。頚部の可動域は左回旋で非常に制限を受けており伸展も制限と痛みを伴っていた。整形外科学検査で左椎間孔にストレスを掛けると陽性反応を示し指のしびれが顕著になった。
いわゆる頸椎症の症状である。カイロプラクティック的検査でも同レベルの頸椎にサブラクセーションが見つかり同刺激で陽性反応を示す。

施術内容及び経過

C5/C6に特に問題があり、矯正の体勢が問題なく出来る状態であった為、同部位のアジャストメントを行う。上部胸椎、上部頸椎にも必要に応じて矯正を加えていった。
2回の施術で首の痛みと肩周辺の張りなどはほとんどなくなるが指のしびれには変化がなかった。3回目の施術後にようやく指のしびれが軽減し始める。6回目で症状は1指2指の指頭のしびれのみとなり、7回目で症状は消失した。
元々、少し猫背があり頭部を前の方へ出したような姿勢をしており、それを気にされていたため、またそれが症状の原因の一部でもあると考えられる為、予防のメンテナンスと共に姿勢の指導も行っている。

担当者コメント

頸椎の問題によって神経が障害を受け、同レベルの支配領域にしびれを出していたという方です。神経症状を伴う場合には特に注意する必要がありますが、このようなケースは当院では珍しくありません。病院で診断を受けている方の多くは「頸椎症」と言われていると思います。椎間板ヘルニアが原因の場合や椎間関節が原因の場合などいろいろあります。
この方の場合は、原因と思われる部位の状態が良くなっても神経症状が回復するまでには回数が必要でした。(T)

№C79211

→症例報告のトップページに戻る

カテゴリ タグ ぎっくり腰 しびれ アスリート パフォーマンス メンテナンス 予防 側弯症 全身 医療関係者 坐骨神経痛 姿勢 子供・学生 寝違え 有名人 椎間板ヘルニア 猫背 産後 股関節痛 肩こり 肩甲骨 背中の痛み(背部痛) 背骨のゆがみ 腰痛 膝痛 自律神経 頚部痛(首の痛み) 頭痛 首こり 骨盤のゆがみ 骨盤矯正
日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ

STARカイロプラクティック自由が丘整体院の口コミをもっと見る