タグ:

「手足のしびれ(胸郭出口症候群など)」(40代女性 会社員:経理事務)

6~7年前から左右の両手足にしびれがある。時々だったため様子をみていたが、数カ月前から夜中にしびれで動けなくなったり、力が入りにくく雑巾絞りなどで違和感がありしびれることがある。
手の問題は起床時に冷たくなりしびれを感じ握りにくくなる。その他、腰痛もあり寝ている時に痛みで覚醒することもある。日中は概ね問題ない。
6~7年前の発症時には1年半くらいかけて内科、整形外科、脳神経外科、精神科などを受診し各検査を受けて原因が判らずその後は精神科で薬をもらっていた。
最近一カ月前から症状がひどい気がするため来院した。

初回来院時の状況

両手両足の左右の症状を訴えるため、内科的な問題や精神的な問題を疑ってしまうが、しっかりと検査して行くと、腕の問題に関しては姿勢が悪いため左右の小胸筋を中心とした胸の筋肉の過緊張があり胸郭出口症候群といえる状況であった。両下肢に関しても膝裏の筋肉の過緊張などで血流が悪くなっていた。また腰痛は腰椎のアライメントの乱れによって仰臥位が多くなると腰痛を発症していた。

施術内容及び経過

単純な筋肉の緊張だけではなく、その原因となる姿勢の乱れやサブラクセーションがあったため、症状が長引いていたと考えられ、それらの施術が中心となった。一時的には筋肉が緩むので各回ごとに症状は軽減するがその後ある程度経つと再発することを数回繰り返し、その後改善していった。週に1回を計6回一か月ちょっと過ぎた頃にはほとんどの症状がなくなり、その後は徐々にメンテナンスに移行していった

担当者コメント

主には血流が阻害されることで起こっていた症状でしたが、単純な一過性のものではなく姿勢が乱れてしまったことによる癖のようになり、何度も繰り返しそして常態化することで不安を高めた結果、病院では原因不明の両手両足の症状のような扱われ方をしてしまったと思われます。
病院では「特発性(原因不明)」とか「問題なし」と言われたのに症状があるという方は是非一度カイロプラクティックを受診してみてください。
(T)
№D85813

→症例報告のトップページに戻る

カテゴリ タグ ぎっくり腰 しびれ めまい アスリート パフォーマンス 予防 側弯症 全身 医療関係者 坐骨神経痛 姿勢 子供・学生 寝違え 急性腰痛 有名人 椎間板ヘルニア 猫背 産後 股関節痛 肩こり 肩甲骨 背中の痛み(背部痛) 背骨のゆがみ 腰痛 膝痛 自律神経 頚部痛(首の痛み) 頭痛 骨盤のゆがみ 骨盤矯正
日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ

STARカイロプラクティック自由が丘整体院の口コミをもっと見る