タグ: , , , ,

「首の痛みと指のしびれ:頚部椎間板ヘルニア」(30代男性 格闘家)

以前、格闘技試合中に左頚部を傷める。整体や鍼治療などで症状を軽減させながら格闘技を続ける。半年前に再度同じ部位を試合中に痛め病院でMRI撮影をしたところ「C5/C6椎間板突出によるヘルニア」であると診断される。その後も治療と並行しながら試合と練習は続ける。
数週間前の練習後、症状が激しい痛みに変わり左の親指と人差し指がしびれるようになる。首も寝違えのように動かせなくなってきたため、再度総合病院の整形外科を受診する。その後、格闘技は休んで、牽引、電気治療、ブロック注射、薬(痛み止め、筋弛緩剤、ビタミン剤など)、湿布など治療を続けるが改善がみられず、様子をみてこのままであれば頚部椎間板ヘルニアの手術を勧めるという事であった。

初回来院時の状況

左頚肩部に筋緊張と圧痛があり、頚部左回旋が制限されると同時に頚部痛と左母指示指にしびれを出していた。伸展動作もかなり制限されており屈曲でも頚部痛と痺れを出していた。
症状の軽減と改善はもちろんであるが競技に復活したいという意思があり、そのために手術が必要なのではないかと考えているようであった。
【MRI診断】
頚部椎間板ヘルニア(C5/C6椎間板突出)による第6頚神経障害。ストレートネック(軽度逆弯曲)

施術内容及び経過

患部には炎症反応が感じられた為、前後の関節(中部頚椎、上部胸椎)などに対してアジャストメント(カイロプラクティック矯正)を加えて行き、患部にかかる負担を軽減させる。症状が軽減し炎症反応も感じられなくなった頃、患部にもアジャストメントを行う。
指のしびれに関しては間もなく感じられなくなり、頚部の痛みと違和感、可動域の問題に関して週1回程度のペースで8回程行った頃にはほとんど問題がなくなり、本人も競技に復活したい旨と手術は行わない事を決め病院へ連絡する。
その後も、万全ではないが練習と試合を続け、その間もカイロプラクティックは全身のメンテナンスとして月2回程度続けられている。

担当者コメント

日常問題のないレベルになるまではそれほど大変ではありませんでした。この方は格闘技を行っているため、その練習や試合では相当無理な体勢や刺激が患部にかかるため、日頃からの注意やメンテナンスが必要であります。今後も頚部のヘルニアだけでなく全身各部位のメンテナンスとバランスアップ、パフォーマンス向上を目指して取り組んで行きたいと思っております。(T)

№C62401

→症例報告のトップページに戻る

カテゴリ タグ ぎっくり腰 しびれ アスリート パフォーマンス メンテナンス 予防 側弯症 全身 医療関係者 坐骨神経痛 姿勢 子供・学生 寝違え 有名人 椎間板ヘルニア 猫背 産後 股関節痛 肩こり 肩甲骨 背中の痛み(背部痛) 背骨のゆがみ 腰痛 膝痛 自律神経 頚部痛(首の痛み) 頭痛 首こり 骨盤のゆがみ 骨盤矯正
日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ

STARカイロプラクティック自由が丘整体院の口コミをもっと見る