タグ: , ,

「起立性調節障害:全身がだるくつらい」(13歳男性、中学生)

半年前の3月頃から、低血圧のため朝起きられない。めまいや立ち眩みで電車に乗れない。乗れたとしてもふらつきや吐き気で降車してしまう。長く立ったり座っているのがつらい。夜中に眠れず活動するため日中眠くなり通学が困難になってきてしまった。
その他体調としては、食用減退、不眠、下痢、頭痛、めまい、肩こり、首の痛み、全身倦怠感などがある。
病院では起立性調節障害と診断された。今まで、張りやマッサージなども受けてきたがあまり変化がない。

初回来院時の状況

全体的に覇気が無く背中を丸めた姿勢をしていた。声も小さく元気がない。ほとんどの質問に対して本人ではなく母親が答える。時々面倒くさそうにイライラした態度を示していた。
姿勢が悪いため、カイロプラクティック的に各症状と関係する部位に問題が起きていた。

施術内容及び経過

症状が重かったため病院での薬物治療と併用して進めて行った。
まずは、本人に理解を示し信頼関係を築くことが大切なため雑談と簡単な検査で関係を築くことを最優先にし、カイロプラクティック・アジャストメントで問題の部位を矯正するとその場で少し軽くなることを感じてもらうことを繰り返した。
週に1回の施術を焦らず一歩一歩積み重ねるように進め、毎回本人と親御さんと長めに会話をし、ケースバイケースでアドバイスを加えた。
犬の散歩をすることで日中外出するようにしたりし、身体の症状も少しずつ減ってくることで本人も前向きになっていった。
最初は週に1回を約3か月、その後は月に1~2回程度を全体で約1年間通っていただく。その頃には午前の途中からは授業に参加できるようになった。徐々にクラブ活動など出来ることから参加して行った。
当院に通う内に完全に回復というところまではいかなかったが、病院に通いながらカイロプラクティックの次は運動系の施術にも通い、その後は体調も戻り復学された。

担当者コメント

カイロプラクティックだけで、完全に対応できるということは難しい症例でしたが、身体のバランスを整えて症状を軽くすることの一助にはなるはずです。
症状の軽い方は自律神経のバランスが乱れていたり、全身症状であってもカイロプラクティック施術で改善されることはよくあります。
(T)
№D85513

→症例報告のトップページに戻る

カテゴリ タグ ぎっくり腰 しびれ めまい アスリート パフォーマンス 予防 側弯症 全身 医療関係者 坐骨神経痛 姿勢 子供・学生 寝違え 急性腰痛 有名人 椎間板ヘルニア 猫背 産後 股関節痛 肩こり 肩甲骨 背中の痛み(背部痛) 背骨のゆがみ 腰痛 膝痛 自律神経 頚部痛(首の痛み) 頭痛 骨盤のゆがみ 骨盤矯正
日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ

STARカイロプラクティック自由が丘整体院の口コミをもっと見る