産後のヘルスケア8「産後ママ:抱っこのしすぎによる肩こり・頭痛」

産後ママは、本当に大変です。

妊娠・出産を経て、ご自身がクタクタにもかかわらず、休む間もなく子育てが始まります。まずは子供優先で、自分のことは二の次になることも珍しくありません。

そんな産後ママが避けて通れないのが、抱っこのしすぎによる肩こりです。

 

子供を抱っこするときに、どうしても出てくるのが抱き癖です。頭を自分のどちら側にすると抱っこしやすいのかは、人それぞれです。しかし、いつも決まった向きがやりやすいというのも、また事実。できるだけ左右交互に抱っこするのが良いのは分かっていても、なかなかそうはなりません。

結果、左右どちらかの腕を中心に支えることになり、負担がかかって肩こりになってしまいます。

 

実は、私も抱っこによる肩こり経験者です。1歳と3歳の子供を換わるがわる抱っこしていたところ肩こりになり、ひどいときは頭痛にまで発展していました。二人とも縦抱っこで、子供の顔が自分の頭の左側にくるような抱き方でした。子供の体は、主に左腕で支える格好です。すると、左側の肩こりがひどく、頭痛も左側に出てきました。

子供たちもこの位置が慣れていて、顔を右側にすると嫌がります。私もやりづらく、支え方が不安定になってしまうからだと思います。だから、分かってはいても、いつも同じ抱き方になってしまうのです。

 

肩こりからくる頭痛は、短期的には薬で抑えることができます。しかし、薬が切れると、また頭痛になってしまいます。根本的な解決になっていないのですから、症状がぶり返すのも仕方がありません。

こんなとき、カイロプラクティックでは背骨にアプローチをします。固まってしまった背骨を、元通りに動くように正していくのです。カイロプラクティックでは、背骨を正すと神経の働きが改善すると考えられています。背骨が元通りに動くようになると、神経も働き出して、関係のある筋肉もしっかりと動くようになります。凝り固まった筋肉が、緩んでくるのです。

 

抱っこが原因の場合、後頭部と肩の付け根、それと肋骨が固まっていることが多いです。

私の場合、後頭部(上部頸椎)が原因でした。自分ではどうにもならない時に、同僚のカイロプラクターに背骨を矯正してもらいました。すると、さっきまでのつらさが嘘のように軽くなりました!

子育てで大変な産後ママさんも、どうしようもないときはカイロプラクティックをおススメします。きっとお力になれると思います。

(G)