タグ: , , ,

「妊娠9カ月、歩行時の左腰痛と左お尻から足にかけての痛み」(30代女性、主婦)

2年前にも左腰痛になったが、その時は整形外科を受診して『ヘルニア』の診断だった。「特に治療法はない」と言われてしまったが、時間経過とともに徐々に良くなっていった。
今回は、妊娠でお腹が大きくなってきた2か月前くらいから左腰痛が出てきた。マタニティヨガに通っているが、だんだんポーズがきつくなってきていたのを覚えている。先日歩いている時に、左腰痛に加え左のお尻から足にかけての痛みが強くなり、このままでは出産する頃には歩けなくなってしまうのではと不安になり、スターカイロプラクティックを受診した。

初回来院時の状況

妊娠後期(8カ月、9カ月、10カ月)によく見られる反り腰になっていた。その反り腰によって、負担がかかる下部腰椎に問題がみつかった。さらに骨盤に左右差があり、骨盤の中央にある仙骨を押すと左のお尻に関連痛が誘発された。左中殿筋にはトリガーポイントがあり、左足への放散痛がみられた。

施術内容及び経過

問題のある腰椎と骨盤に対して、カイロプラクティックで整体していった。伸展動作で痛みを誘発する下部腰椎と、関連痛を出す仙骨に対してのカイロプラクティックアジャストメントを行った。症状が左に偏っているが、左の骨盤は開き過剰に動いているため、そちら(左仙腸関節)へのカイロプラクティックの矯正は行わない方が良いと判断した。
1週間の内に2回カイロプラクティックで整体したところ、仙骨を押しても関連痛は誘発されなくなりトリガーポイントも消失し、歩行時の痛みも解消された。

担当者コメント

妊娠後期の腰痛は、お腹が大きくなって反り腰の姿勢からくることが多いです。さらにホルモンバランスの変化に伴い骨盤が開いてくると、お尻や足にも症状がでてきます。今回は、典型的なケースでした。しっかりと検査をして原因をつきとめ、カイロプラクティックで整体していくと早期の改善が見込めます。
この方は無事に出産され、2か月後に産後の骨盤矯正にいらっしゃいました。初めての育児で、腕や肩、膝に症状が出るたびにメンテナンスをさせていただいております。
妊娠中は薬を使いづらいので、カイロプラクティックがお役に立てる機会が多いです。出産までのサポートは、スターカイロプラクティックにお任せください。
(G)

№E64916