タグ: , , ,

「産後3カ月の骨盤矯正、抱っこのあとの腰痛」(30代女性 育児休暇中)

3カ月前、2人目を出産した。自然分娩で10時間くらいだった。これまで腰痛はなかったが、産後から腰痛になった。日中、長時間の抱っこで腰痛がひどくなる。今の骨盤の状態も知りたくて、スターカイロプラクティックを受診した。

初回来院時の状況

姿勢の左右差が大きく、特に骨盤が右に傾き左足重心になっていた。いつもスリングを右肩にかけていたため、姿勢の左右差につながっていると思われた。骨盤は閉じてきていて、右側は前方に左側は後方にねじれた状態で固まっていた。カイロプラクティック検査では、下部腰椎と骨盤(仙腸関節)に問題が見つかった。

施術内容及び経過

問題のある下部腰椎と骨盤に対してカイロプラクティックで矯正していった。抱っこが長いとどうしても負担がかかるため、1週間に1度のペースで計4回、継続して骨盤矯正を行った。ようやく癖が抜けてきて、抱っこから降ろす時だけ気になるくらいに腰痛が軽減してきた。その後間隔を広げながら、さらに骨盤の安定化をはかっていった。開始から3カ月後、計7回の施術で骨盤の状態が安定し、腰痛が改善された。

担当者コメント

1人目のお子さんとは10歳離れていて、そのときは腰痛にならなかったそうです。検査上おそらく骨盤の癖はその頃からあり、たまたま今回症状につながったと思われました。また施術開始後もお子さんの体調が悪いと抱っこしないわけにはいかず、その分改善に時間を要しました。途中でスリングから抱っこヒモに変更していただき、ご主人の協力も得ながら続けられたことで、10年来の癖を正すことができたのだと思います。
産後は特に症状がなくても、一度チェックしておかれると今後の予防につながります。産後の骨盤矯正に、カイロプラクティックをご利用ください。
(G)

№E37815