タグ: , , ,

「妊娠7カ月、右足に体重をかけると、右殿部に激痛がある」(30代女性 会社員)

2週間前から、右殿部にピリッとした神経痛のようなのが瞬間的に出ることがあった。1週間前からは本格的に痛くなり、常に痛い状態が続いている。骨盤ベルトを締めたら歩けるようになったが、この数日でさらに悪化して冷や汗が出るほど痛い。産婦人科で痛み止めの薬を処方してもらったが、妊娠中で薬は飲みたくないのでカイロプラクティック受診を決めた。
現在は、右足に体重をかけると激痛がある。刺さるような鋭い痛みである。

初回来院時の状況

右足のつま先を内側に向けながら右足に体重をかけると、痛みが誘発された。股関節の拘縮をみる整形外科テストでは、右陽性。筋肉テストでは、右臀部の筋肉である中殿筋の筋力低下がみられた。妊婦さん特有の体型で、立位姿勢では左右差もみられた。カイロプラクティック検査では、下部腰椎と右骨盤(仙腸関節)に問題が見つかった。

施術内容及び経過

お腹が大きくなっていたので妊婦さん専用のクッションを使いながら、骨盤ブロックでローフォーステクニックを行った。通常の矯正ポジションが取れるようになったので、問題の見つかった下部腰椎と右骨盤にカイロプラクティックの矯正を行った。効果はすぐに出て、3日後の再来院時には日常生活では痛みを感じなくなっていた。右つま先を内側に向けて右足に体重をかけても、痛みは誘発されなくなっていた。股関節の拘縮テストで陰性、右中殿筋のテストでも力が入るように良化していた。右骨盤にはまだ制限が残っており、再度カイロプラクティックの矯正を行った。するとカイロプラクティック検査でも陰性となり、メンテナンスに移行した。

担当者コメント

妊娠中は、体型の変化やホルモンバランスの変化により、母体には負担がかかります。今まで全く症状のなかった人でも、妊娠中に急に症状が出てくることは珍しくありません。赤ちゃんへの影響を考えて、薬を飲みたくない気持ちはよく分かります。そんなときは、薬を使わないカイロプラクティックがお役に立てると思います。
この方は出産前までメンテナンスを続けられ、ご主人もご紹介いただきました。
(G)
№E28715