pat_hatanaka01スターカイロプラクティックの高橋先生にお世話になってから、足掛け12年になります。

2003年末頃から大量の書類を入れたカバンを持ち歩いていたことから腰を痛め、整形外科に通い、痛み止めを服用しながら、牽引と電気治療を受けていました。

2004年に入っても、症状の好転はなく、左大腿部外側から左臀部にかけて痺れが走り、腰が重い状態が続いていた為、整形外科で牽引と電気治療を受けながら、何軒かの整体治療院を尋ねましたが、まったく効果なく、日によっては歩くことが辛い日もありました。

2004年4月頃に、インターネットで「カイロプラクティック」と検索していた時、たまたま「スターカイロプラクティック」さんのホームページを見つけ、「施術する方々が

大学のカイロプラクティック課程を卒業されている」と言うことを知り、私自身もそれなりに「カイロプラクティック」のことを調べた上でコンタクトさせて頂きましたが、身体の状態は最悪で、腰の痛み、股関節から大腿部に掛けての鈍痛はマックスの状態でした。

最初の治療は2004年5月からはじまりましたが、高橋先生にご担当を頂きました。

初診日に、「痛い時は迷わず整形外科でもらった痛め止めを飲んで下さい。」とアドバイスされ、牽引の長所・短所もお聞きしたことを記憶しています。

治療は、週1回のペースで4回(1か月)身体のバランスの矯正をして頂き、時には経絡を軽く押して痛みを和らげて頂いたこともありました。

週1回のペースで1か月の治療が終了した時点で、腰の痛み、股関節から大腿部に掛けての鈍痛はかなり楽になり、歩くことも苦にならなくなりました。

それから1か月の期間を置いて再診にお邪魔した際には、腰の痛み、股関節から大腿部に掛けての痛みはなくなっていました。

それ以降、身体のバランスのチェックと調整でほぼ毎月1回通院させて頂いています。時折症状が良くない時もありますがすぐに対処頂いていますので、67歳になった今も身体の調子はすこぶる快調です。そして、ほぼ毎月1回の通院で高橋先生と色々お話をさせて頂くのが楽しみになっています。

今後ともよろしくお願いしたいと思っています。

畑中正彰