タグ:

「左腕のしびれ(胸郭出口症候群の疑い)」(30代男性 システム系会社員)

5カ月くらい前から、左腕がしびれるようになった。ずっとではないが、緊張や疲れで増悪する。上を向いて10秒くらいすると、左上腕前面にジーンとしたしびれが出てくる。慢性的に首・肩こりはあるが、しびれていても腕を動かすことはできる。整体やマッサージに週1回ペースで行っていたが、良くならなかったためカイロプラクティックを受けてみようと思った。

初回来院時の状況

姿勢の左右差が大きく、左耳が上がり左肩が下がって左首から肩にかけて引き伸ばされている状態であった。デスクワークの影響か、頭部は前方に位置していた。本人の言う通り、上を向いてしばらくすると左腕にジーンとしたしびれが誘発された。胸郭出口症候群の整形外科的テスト(モーリーテスト、アドソンテスト)は、陽性。斜角筋群の緊張がしびれの原因と思われた。カイロプラクティック検査では、斜角筋群に神経を送っているレベルの頚椎に問題が見つかった。

施術内容及び経過

問題の見つかった頚椎を中心に、胸椎を含めてカイロプラクティックの矯正を行っていった。左斜角筋群の神経筋機能の改善と、姿勢のバランスを正して問題箇所への負担軽減を狙った。施術直後に変化は現れ、上を向いてもしびれは出なくなっていた。しかし、何日かするとまたしびれが出るように戻ってしまう。週に1回のペースで施術を続けていくと、4回目から日常でのしびれはなくなった。6回目には上を向いてさらに左に倒してもしびれは全く出なくなったため、慢性的な肩こりに対するメンテナンスへ移行した。

担当者コメント

整形外科的テストからは、いわゆる胸郭出口症候群のひとつ斜角筋症候群が疑われました。実際に触ってみると斜角筋群には緊張がみられましたが、その緊張をどうやってとっていくかが肝だったのではと思います。姿勢からは筋肉が引き伸ばされていたので、しっかり筋肉を縮められる状態にしていくために骨格の矯正が重要でした。斜角筋群に神経を送っているレベルの頚椎へのアプローチが、功を奏したのではないかと思います。
(G)
№E56915

→症例報告のトップページに戻る

カテゴリ タグ ぎっくり腰 しびれ めまい アンチエイジング パフォーマンス 予防 側弯症 全身 医療関係者 坐骨神経痛 姿勢 子供・学生 寝違え 急性腰痛 有名人 椎間板ヘルニア 猫背 産後 股関節痛 肩こり 肩甲骨 背中の痛み(背部痛) 腰痛 膝痛 自律神経 頚部痛(首の痛み) 頭痛 首こり 骨盤のゆがみ 骨盤矯正
 
LINE 友だち追加 日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ