タグ: , , ,

「妊娠3カ月、歩くのもつらい左腰痛」(30代女性 主婦)

腰痛自体は1カ月前からあり骨盤ベルトを巻いて過ごしていたが、1週間前くらいにピキッとなって歩くのに苦労するくらいだった。階段の下りや左足を踏み出す時、自転車を動かす時、寝返りやくしゃみでも痛む。
今日もピキッとなったので、このままでは良くならないと思い来院した。ゆっくりなら歩けたが、これほど歩くのに影響がでるくらい痛いのは初めて。ひょっとして妊娠が原因なのではと不安になった。

初回来院時の状況

痛みのため、ゆっくりと壁を伝って入室された。お話を伺っている時も、体勢を変えると力が入ってしまって痛みがでるようだった。姿勢は左右差があり、左足に重心をかけると痛い。整形外科テストでは、下肢伸展挙上検査で陰性。脚長差があり、左足が右足に比べて相対的に長くなっていた。腰を曲げると痛みがあり、カイロプラクティック検査では腰椎と左の骨盤(仙腸関節)に問題がみつかった。腰痛とのことだったが、左臀部が痛みの中心だった。

施術内容及び経過

問題のある、左仙腸関節(骨盤矯正)と腰椎にカイロプラクティックの矯正を行っていった。3日後に2回目、その1週間後に3回目の施術を続けておこなったところ、寝返りやくしゃみは平気になり、左足に重心をかけても痛みは出ず普通に歩けるようになった。腰を曲げても痛みはなく、カイロプラクティック検査でも良化を示していたためケース終了となった。

担当者コメント

妊娠が原因かと心配されていましたが、そうではありませんでした。妊娠中はお腹が大きくなって反り腰(腰椎前弯過剰)による症状や、妊娠後期に骨盤が開き仙腸関節の不安定性からくる症状がみられることがありますが、今回は違っていました。カイロプラクティックではよくある動作時痛で、動きの中で関節が動かないために痛みが出ていました。やや慢性化していたため、周囲の筋肉まで硬くなって動かすとピキッとなっていました。
こうした場合、骨盤ベルトは逆効果です。動かない関節をカイロプラクティックの矯正で動かしていけば症状がおさまるのですが、骨盤ベルトは固定してしまうからです。妊娠中、なかなか症状が落ち着かない場合は、ご相談ください。その時の状態に合わせて、最適な施術をしていきます。
(G)
№E53115