タグ: , , ,

「産後2カ月の骨盤矯正、歩くと股関節が痛い」(40代女性 育児休暇中)

妊娠中にも何度かメンテナンスされていた方が、産後2カ月になって骨盤矯正に来院された。
出産は完全無痛分娩で、5時間での安産だった。出産直後も少し股関節に痛みを感じていたが、その後おさまっていった。しかし、上の子の保育園への送り向かえを再開したところ、歩いた後の一歩目二歩目が痛むようになってきた。ひどくならないうちに、骨盤を矯正してほしい。

初回来院時の状況

整形外科テストでは、股関節の拘縮テストで陽性がみとめられた。本人の言う股関節痛はお尻側で、骨盤を丸めるようにしていくと痛みが誘発された。カイロプラクティック検査では、右仙腸関節と下部腰椎に問題が見つかった。開いていた骨盤は閉じてきていて、妊娠中には見られなかった骨盤のねじれが出始めていた。

施術内容及び経過

問題のある下部腰椎と骨盤(右仙腸関節)に対して、カイロプラクティックアジャストメントを行った。その場で股関節の整形外科テストは陰性になり、骨盤を丸めた時の痛みも軽減された。妊娠で腹筋が弱くなっていたので、産後のバランスを早く戻すためのエクササイズを処方し、2週間後にもう1回リチェックに来ていただいた。その間たくさん歩いても股関節の痛みは出なかったが、おむつ替えで少し腰痛があった。まだカイロプラクティック検査では、骨盤の状態が完全ではなかったので、継続してバランスを正す骨盤矯正を行った。
計2回で骨盤のねじれが解消され、その後は不定期のメンテナンスに移行した。

担当者コメント

産後、開いていた骨盤が閉じていく際に、ねじれて固まりかけていました。また、妊娠中の大きなお腹のために、腹筋が弱くなっていました。骨盤矯正と併せてエクササイズをしていただくことで、元の体型にも早く戻っていくことができました。産後の骨盤矯正が効果的な、典型的なケースでした。不定期のメンテナンスでは、育児による肩こり・頭痛がひどくなった時にカイロプラクティックを行っています。
産後・育児中のつらい症状には、カイロプラクティック・骨盤矯正が効果的です。
(G)

№C42210