定期メンテナンスで健康度を高める~歯科とカイロ~【健康】

8020運動」というのを聞いたことはありますか?
平成元年(1989年)より、当時の厚生省(現・厚生労働省)と日本歯科医師会が推進している「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動です。

令和元年を迎えた今、どうなっているのでしょうか?
8020達成度は当初7%程度でしたが、2017年の発表では達成者が51.2%に増えています。着実に成果が出ていますが、虫歯の予防先進国のスウェーデンでは80%という数字に達しているそうです。そのスウェーデンでの歯科予防の驚くべき実態が特集されていました。ご存知ガッテン!の、「虫歯リスクが激減!?発見!新★歯みがき法」という回です。

番組ではセルフケアとプロケアのダブルケアで、虫歯をしっかりと予防していました。
セルフケアでは、「イエテボリテクニック」を使うのがポイントです。毎日歯磨きをしているのに虫歯になるのは、これをしていないから?気になるイエテボリテクニックについては、公式ページで詳しく紹介されています。ぜひ参考になさってください。
プロケアとは、歯科衛生士によるプロフェッショナルケアのことです。磨き残しや歯石など、自分ではうまくできていないところをプロにお願いして良い状態を保ちます。たとえ虫歯で痛くなくても、定期的に診てもらうことで予防効果があります。
常々、予防は大切だと思っていても、痛くならないと歯医者さんに行かない方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこには意識改革が必要です。痛くなる前に良い状態にしておくと、痛くならずに虫歯を予防できます。この継続が、8020の達成につながると思います。

カイロプラクティックでも強い症状が出てからカイロプラクティックに来られる方もいれば、定期的にメンテナンス(プロケア)される方もいらっしゃいます。どちらがいいかは個人の価値観によって違うと思いますが、継続して良い状態を保ちやすいのは後者ではないでしょうか。
セルフケアで運動や体操をされている方は、健康への意識が高いことが多いです。異変に気付くと、症状がそこまで強くなくてもカイロプラクティックケアを受けに来られます。逆に、セルフケアをしていない人(運動や体操をする時間がない方や運動が嫌いな方)は異変に気がつきにくいので、定期的なプロケア(カイロプラクティックによるメンテナンス)がより望ましいと言えます。
カイロプラクティックでは、背骨の関節にアプローチして神経の働きを正していきます。カイロプラクティック独自のアプローチにより、体幹が安定してより体を動かしやすくなります。また可動域が増えたり、筋肉が使いやすくなったりします。たとえ痛くなくても予防のメンテナンスをすることで、セルフケアとの相乗効果が期待できます。
(G)


→このページのTOPへ
スターカイロ ブログ カテゴリ 最近の記事 月別アーカイブ
 
LINE 友だち追加 日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ