【Topic】仙腸関節と腰痛

仙腸関節は骨盤の関節で、背骨の土台ともいえる位置にある逆三角形の骨・仙骨(せんこつ)と、その左右両サイドにある腰骨・腸骨(ちょうこつ)との間にある関節です。

関節ではあるものの、からだの他の関節(肩,肘,股関節,膝など)と比べて関節面が不規則で関節包がたくさんの強大な靭帯で補強されており、画像検査ではほとんどわからない程度のわずかな動きしかないため、解剖学の分野では以前は不動関節と考えられていました。
しかし現在では可動関節であると認識されており、実際仙腸関節は3~5mm(諸説あり/個人差あり)の可動域で体幹を支えながら歩行などの運動を導くようにはたらき、運動と体重の負荷(圧縮力)の吸収を補助して脊椎のバランスをとっています。

この仙腸関節の「ズレ」が腰痛の原因となっているケースが珍しくありません。
脚を組んで座る・左右どちらかに傾いた姿勢のまま長時間座っている、中腰での作業、不用意で急な動き、あるいは繰り返し動作の負荷などによって、仙腸関節には微小な不適合(いわゆる骨盤のゆがみ)が生じ、関節の動きが制限されて「腰痛」と認識される痛みを起こします。この状態を仙腸関節機能障害と呼びます。上記のような日頃のクセや姿勢、日常動作の繰り返しやふとした動きで生じる可能性が高いものですので、仙腸関節障害が生じることは稀ではなく、年齢や男女に関係なく、慢性腰痛の原因になります。

仙腸関節機能障害による腰痛は、仙腸関節を中心とした痛みが一般的ですが、殿部、鼠径部、下肢などにも痛みを生じることがあります。長い時間椅子に座れない、仰向けになると痛い、痛い方を下にして寝られない、歩きはじめに痛みがあるが徐々にやわらいでくる、正座は問題ないというケースが多いです。ぎっくり腰のような急性腰痛の一部も仙腸関節が原因となっていることがあります。
腰臀部痛や下肢のしびれ感といった症状は、腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアなどの神経症状に似ています。仙腸関節のゆがみは腰椎の問題と関係していることもよくありますので、腰部脊柱管狭窄症やヘルニアの手術をしたが症状がよくならないというケースでは仙腸関節機能障害が合併していた可能性があるのです。

カイロプラクティックの業界では、ずっと前からこの仙腸関節の可動の重要性と、仙腸関節機能障害による腰痛に着目してカイロプラクティックの検査とそれに合わせた矯正をおこなってきました。
慢性腰痛でお悩みの方で、仙腸関節機能障害に心当たりがおありの方はスターカイロに相談にいらしてください。
(M)


→このページのTOPへ
スターカイロ ブログ カテゴリ 最近の記事 月別アーカイブ
 
LINE 友だち追加 日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ