子供の膝痛に何かできることはありますか?「オスグッド・シュラッター病」【Q&A】

Q.
子供(小学6年生)がサッカーをしているのですが、膝が痛いと言っています。何かできることはありませんか?

A.
あります。

10~15歳くらいの成長期スポーツ障害の代表と言えば、オスグッド・シュラッター病です。膝のお皿の下の骨が出っ張っていると、可能性が高くなります。整形外科でレントゲンを撮ってもらうと、診断が確定するでしょう。

このオスグッド・シュラッター病は、膝の曲げ伸ばしによる反復刺激によって脛骨粗面に炎症や骨の剥離がおきて痛みが出てくる状態です。サッカーをはじめとして、バレーボールやバスケットボール、テニス、野球、陸上といったあらゆるスポーツで発症する可能性があります。
原因は、成長期(10~15歳くらい)における骨と筋肉の成長速度の違いです。身長が急激に伸びるとき、骨がグングン伸びていきます。対して筋肉の成長スピードは骨より遅く、アンバランスになっています。この状態での反復刺激により、成長途上の固まっていない骨が筋肉(大腿四頭筋)に引っ張られて、炎症や骨の剥離がおきてしまうのです。

対策としては、以下のことができます。
①安静にする
②痛みや炎症を抑える
③太ももの前側の筋肉(大腿四頭筋)の柔軟性をあげる
③カイロプラクティックでバランス・神経機能を正す

①と②は、すでに症状が強い場合です。痛みをこらえて、運動を続けると悪化してしまいます。負担をかけないようにして、冷却や薬を使い痛みや炎症を抑えます。サポーターでの負担軽減も、一時的には有効です。
③は、自己判断で行うと炎症・痛みの程度により悪化することがあるので注意が必要です。ストレッチを行うことで筋肉の柔軟性を上げていくと、骨に付着している部分への負担が軽減されます。痛みが治まってから、予防として行うのが良いでしょう。
④は、特に片側が痛いときにチェックすると良いでしょう。体のバランスに左右差があると片側だけに負担がかかります。その原因を骨格から正していくことができます。また大腿四頭筋を支配している神経機能を高めることで、回復を促すことも期待できます。筋肉の状態を細かに把握して、安静の時期なのかストレッチをする時期なのかもお伝えすることができます。
(G)


→このページのTOPへ
スターカイロ ブログ カテゴリ 最近の記事 月別アーカイブ
日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ