関連痛【健康】

関連痛とは、病巣やその周辺、痛みの原因となる部位から離れたところに出現する痛みのことです。

通常痛みは、キズや病巣などの組織損傷があるところや損傷しそうになっている部分とその周辺に感じるものですが、内臓や関節などの深部の組織に障害があった場合、その痛み情報が末梢神経を伝わって脊髄に入力される際に、同じレベルの脊髄に情報を入力している皮膚領域に痛みを感じることがあるのです。
これは、皮膚という、日ごろ痛みを感じる機会の多い体の表面の組織からの情報を入力する神経とまとめて脳に投射され、脳がどこから発生した痛みなのか正確には判別できずに誤認を起こすためだと考えられています。

たとえば狭心症や心筋梗塞では、心臓部の痛みを左肩から腕の痛みとして感じることがあることは広く知られています。右肩の痛みは肝臓や、胆石などによる胆囊の障害に伴う痛みが多いといわれています。

近ごろでは「トリガーポイント」という言葉とともにだいぶ一般的に知られるようになった筋肉の関連痛は、内臓からの関連痛とは発生パターンが違い、放散痛とも呼ばれています。筋肉の限局的に固くなっているところを押すと、押しているところとはまた別のところにも痛みが生じるというものです。
たとえば、後頭下筋群という頭の付け根の筋肉にトリガーポイントが生じている場合にこれを押すと、こめかみや目の奥に痛みを感じるなどといった具合です。

背骨の関節の機能障害からの関連痛というものもあり、これは椎間関節症候群と呼ばれます。
たとえば頚椎の2番や3番(首の背骨の上から2つめ3つめ)の関節の関連痛は後頭部~首の上の方、頚椎の4番~7番は肩の痛み、肩甲骨の間の重だるさや鈍い痛みは頚椎の下の方から背中とのさかいめ(頚椎5,6番~胸椎1番)の関節機能障害や同レベルの頚椎椎間板ヘルニアによる関連痛である可能性があります。
同様に、腰椎や骨盤の関節の関連痛は、腰痛や殿部痛として現れます。
これら関節の関連痛である場合、痛む部分を押してもさほど痛みや痛気持ちいい感じがないことが多いです。
そのかわり、関節の矯正をおこなうと重だるさなどの症状がフッと軽くなります。

これら関連痛を生じさせるような関節や筋肉の機能障害が、複合的に起こっていることが少なくありません。
スターカイロでは症状をおうかがいし、関連痛を起こす可能性のある背骨の関節や筋肉のチェックをおこなって、背骨の矯正をメインに関連痛の原因を取り除いていきます。

内臓からの関連痛である場合には、カイロプラクティックやマッサージなどを受けても症状がよくなるものではありません。
スターカイロでは、様々な検査を行うことによってそのような可能性がある方には、専門医を受診していただくよう勧めております。
(M)


→このページのTOPへ
スターカイロ ブログ カテゴリ 最近の記事 月別アーカイブ
 
LINE 友だち追加 日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ