熱中症【健康】

梅雨明けから、異常気象と言われるほど気温の高い日々が続き、「熱中症」で病院に搬送される人の数も例年のこの時期よりも多いようです。

熱中症とは、初夏から夏にかけての暑熱によって引き起こされるさまざまな全身症状やその病態の総称です。
暑さに体が慣れていないときに起こりやすく、特に今年は梅雨明けからいきなり30度以上の高気温になったために、急な高温環境に体が適応できずに熱中症にかかる人が増えてしまっていると考えられます。

熱中症にならないためには『水分をこまめにとる』『風通しの良い日陰や、エアコンなどで適温にした室内で休憩する』などといった対策をとることは一般常識になりつつありますが、「熱中症の症状とはどのようなものか」また、「『軽度』から『重度』まで段階がある」ことはご存知でしょうか。

熱中症の諸症状は、発汗で体の中の水分や塩分が減少することや体温が高くなることによっていわゆる「自律神経が乱れる」ことで引き起こされるものが多いため、カイロや整体などで相談されるような症状も出ます。
たとえば、筋肉痛・こむら返り(足がつる)・手足の痺れ・頭痛・めまい・だるさ(疲れ)などです。

熱中症の症状の段階としては、
Ⅰ度(軽度):めまい・立ちくらみ・筋肉痛・こむら返り(足がつる)・手足の痺れ・どんどん汗をかく・など。
通常、脱水なし・発熱なし・意識もはっきりしている

Ⅱ度(中等度):頭痛・吐き気・嘔吐・だるさ・疲れ・など。
体温は平熱~40度未満・発汗あり・意識障害なし

Ⅲ度(重度):(上記Ⅱ度の症状に加えて)けいれん・まっすぐ走れない・汗が出なくなる・など。
異常な高体温(40度以上)・意識がもうろうとする・呼びかけへの反応がおかしい
(参考文献:「日医ニュースNo.390(日本医師会2013)」,「熱中症パンフレット(佐久医師会2018)」

熱中症にかかってしまったら、応急処置として体を冷やして水分(経口補水液)補給・Ⅱ度やⅢ度の場合は病院を受診してください(Ⅲ度の可能性があったら救急車を呼ぶことも推奨されているとのことです)。
スターカイロでは待合スペースの温度は各施術室より設定温度を下げてあります。また、飲料水サーバーも設置してありますのでご利用ください。
施術の面では、カイロプラクティックの背骨の矯正で自律神経のはたらきをととのえて、暑さに負けないような健康な体づくりのお手伝いをします。
2018/7/24(M)


→このページのTOPへ
スターカイロ ブログ カテゴリ 最近の記事 月別アーカイブ
 
LINE 友だち追加 日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ