胸やけ:「逆流性食道炎」「胃食道逆流症」【健康】

暑い日が続き、胃腸のはたらきが低下して食欲がなくなったという話をよく耳にします。これはいわゆる夏バテですが、夏バテでなくても、少し食べただけで満腹な気がしたり、あぶらっこいものを食べたときに胸や胃のあたりがむかむかする感じが起こったり、下を向いたりしゃがんだりしたときに酸っぱいもの(胃酸)がこみあげてきて「うぷっ」となったりするといった経験がある人は多いと思います。

一般的に「胸やけ」と呼ばれるこれらの症状は、胃酸を多く含んだ胃内容物が食道へ逆流することにより生じるものです。これがたびたび起こる場合には「胃食道逆流症」と逆流した胃酸によって下部食道の粘膜が炎症をおこしている場合は「逆流性食道炎」と診断されます。
特に食べ過ぎたり、脂肪分の多い食事をしたときに増悪することが多く、また、横になったりかがんだりすることで症状が悪化したり、出現する頻度が増すことが多いのも特徴です。

胃と食道の間には門(噴門)があり、普段は「下部食道括約筋」という筋肉によって閉じられていて逆流しないようになっているのですが、この筋肉のはたらきが弱って閉まりが悪くなると胃内容物が食道へ逆流してしまってこのような症状を起こすのです。
下部食道括約筋のはたらきが弱くなる原因は、食生活の乱れや自律神経の不調、加齢による筋力低下などです。

カイロプラクティックでは、自律神経をととのえるための施術の他に、胸やけと関係のある背骨(胸やけをおこしている時にかたくなりやすい部分)の関節を矯正することができます。

気をつけたいのは、胃食道逆流症では、かすれ声,のどの違和感,耳の痛み,発声障害,気管支喘息,誤嚥(ごえん)性肺炎などを引き起こすこともあるということです。
胸やけが出たときは、水や牛乳を飲めば大抵は治まりますが、頻繁に起こる場合には上記のようなことが起こる可能性がありますので病院へ行ってみてください。
(M)


→このページのTOPへ
スターカイロ ブログ カテゴリ 最近の記事 月別アーカイブ
 
LINE 友だち追加 日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ