【Topic】在宅ワークのお悩み2~肩の前側の痛み~

在宅でのデスクワークやスマホ操作に集中していてふと腕を上げようとしたときに肩の前側の腕の付け根くらいのところにピキッと鋭い痛みを感じることはありませんか?
動かそうとしたときに肩が痛いと四十肩や五十肩かなと考えますが、まだその手前の段階の、硬くなった筋肉によるものであるケースも多いです。
特に冒頭のような場合だと、肩が丸まって前に突き出すいわゆる「巻き肩」の姿勢が長時間続いていた可能性が高く、そうすると胸の筋肉や肩周囲から上腕部分の筋肉が過緊張を起こしていると考えられます。
これらは胸や首肩のコリだけではなく、筋肉の微細な損傷や筋膜の癒着を生じて動作時に肩に痛みが出る原因となります。

胸の筋肉の代表といえば大胸筋です。ご存知の通り胸の厚みを作っている表層の筋肉で、鎖骨・胸骨や肋骨(肋軟骨)・腹直筋(腹直筋鞘前葉)から起こって上腕骨に付着しています。
停止部に近い上腕骨のところでは大胸筋は扇のかなめのようになっていてその下に上腕二頭筋があり、大胸筋と筋膜連結しています。

長時間の巻き肩姿勢によって筋肉が過緊張を起こすと、筋肉を包んで繋いでいる筋膜もかたくなり、柔軟性を欠くために動かそうとしたときに過負荷がかかったり傷ついたりして鋭い痛みを生じます。
また、肩が前に突き出すことで肩関節上部の靭帯や上腕二頭筋の腱(長頭腱)にストレスがかかりやすくなっているために動作時に痛みが出るということも考えられます。
その他、大胸筋やその深層の小胸筋そのもののダメージで生じるトリガーポイントの関連痛が肩の前側にも出ます。

これらの症状が出る状態をそのままにしておくと、筋肉や腱や靭帯の損傷が進むことになり、さらには関節包などにも炎症が起こるなどいわゆる四十肩五十肩といった状態に悪化してしまいますので、そうなる前に肩回しやストレッチなどをおこなって改善しましょう。
はじめは腕をゆっくり体の横から肩の高さまで上げていき(肩関節外転90度)、手のひらを上に向けたり後ろに向けたりして肩関節の内旋外旋をします。肩周りが柔軟になってきたら胸の前側から肩にかけての部分を伸ばすように腕を上げて後ろに引くストレッチをすると良いです。

これらの筋肉に関係の深い背骨は下部頚椎から上部胸椎あたりです。巻き肩姿勢の時、頭が前に出、反対にその部分は後ろに突き出てかたくなりやすいところですので相互に悪影響というわけです。
カイロプラクティックの施術では主にその部分(首から背中の上の方にかけて)にある背骨のゆがみを矯正し、姿勢をととのえるとともに、筋肉が本来の柔軟性を取り戻せるように施術をおこないます。
(M)


→このページのTOPへ
スターカイロ ブログ カテゴリ 最近の記事 月別アーカイブ
 
LINE 友だち追加 日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ