膝の裏がふくらんでいる…ベイカー嚢胞(膝窩嚢胞)【健康】

膝の裏のやや内側寄りがふくらんで袋状の腫れができて、普段の生活ではそんなに痛みを感じないとしても、膝を曲げると違和感があったり、正座をすると窮屈な感じがあったり(あるいはできなかったり)、膝を伸ばした時に痛みを感じたりする場合、ベイカー嚢胞(膝窩嚢胞)の可能性があります。

ベイカー嚢胞(嚢腫ということもあります)は、太ももの後ろの内側の筋肉・半膜様筋と、ふくらはぎの筋肉・腓腹筋の内側頭の間の滑液包に関節液(滑液)がたまって腫れ膨らんだものです。
腫れを押したときの痛みや熱感などはありません。
~卵くらいの大きさのものでは痛むことはほとんどありませんが、嚢胞の中の滑液の量が増えると、膝から下に広がってふくらはぎの筋肉に入り込んだり、急激に増えて内圧が高まると破裂したりして周囲の組織が炎症を起こすこともあり痛みます。

変形性膝関節症や関節リウマチ、半月板損傷などの膝疾患に合併,関連することが多く、特に50代以上の女性に好発するものとされてきましたが、最近は男性で生じる例も多く、ときには子どもにもできることがあります。

ベイカー嚢胞は基本的に保存療法・穿刺して溜まった滑液を抜く方法が通常の治療です。膝疾患がある場合はそれぞれの問題を治療することによって良くなりますが、スポーツによって膝を使い過ぎている場合や、筋肉のアンバランスによる軽度の膝関節症によって嚢胞ができたケースでは一度溜まった滑液を抜いてもまた再発するおそれがあります。

半膜様筋と腓腹筋内側頭の間の滑液包に負担がかかっているということは、骨盤のゆがみによって半膜様筋が過緊張を起こしている、下部腰椎のゆがみが太ももの外側の筋肉が筋力低下を起こしている、などの原因が考えられます。
カイロプラクティックのチェックによって筋肉のアンバランスと、関係のある背骨や骨盤のゆがみを見つけて矯正し、膝まわりのバランスをととのえていくことができます。
(M)


→このページのTOPへ
スターカイロ ブログ カテゴリ 最近の記事 月別アーカイブ
 
LINE 友だち追加 日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ