ランナーのすねの痛み・シンスプリント【スポーツ】

ランニングや陸上のトラック競技、あるいはサッカーなどの走るスポーツを行う方は、股関節や膝、足首などにケガや痛みが起こってしまうことが多いですが、「すね」に痛みが生じることも多いです。
特に中高生の新人選手やスポーツを始めたばかりの人が、急激に練習量やランニングの時間・距離を増やしたり、ランニング中に急にスピードを変えたりすると、運動中または運動後にすね(下腿の内側)の真ん中から足首側1/3部分の奥の方に縦長の広い範囲で鈍い痛みが生じやすく、それは「シンスプリント」というスポーツ障害である可能性が高いです。

シンスプリントは、すねの後内方の筋肉(前脛骨筋)やスネの二本の骨の間の膜(骨間膜)に疲労や炎症が起こることによって痛みが生じるもので、整形外科の教科書には「過労性脛部痛」と表記されています。
特にランニングなどの走るスポーツや幅跳びなどのジャンプを繰り返す運動で起こりやすいですが、どんなスポーツでも発症する可能性があります。
疲労骨折のような限局的な強い痛みではないことが多く、安静にしていれば痛みがなくなります。しかしまた運動を始めると不快感や鈍い痛みがおこり、悪化すると足が地面についている間中痛むようになることもあります。

シンスプリント発症の危険因子としては、前述の急激な運動量の増加などの他に、硬い地面からの衝撃(靴底が硬くなったりすり減ったりしているシューズで運動を行うなど)や、扁平足、足首の過剰な外反や回内足(靴のかかとの内側がすり減るような足の角度)などが挙げられます。
これらの因子によってふくらはぎの筋群(腓腹筋やヒラメ筋)の柔軟性が低下してそれらの筋肉と連結しているところを無理に引っ張って負担をかけることにより前脛骨筋の疲労や脛骨と腓骨の間の骨間膜に炎症が起きるという説が有力(医学的にはまだ不明な点が多いとのこと)ですので、体全体の筋肉の柔軟性が低下する寒い季節に運動する際にはより注意が必要です。運動前にはシューズのチェック、十分なウォームアップと水分補給を行いましょう。

カイロプラクティックの施術による背骨の矯正も、筋肉の柔軟性の回復や、痛めてしまった筋肉の治癒力を高めるなどのお手伝いができます。
その他、扁平足や足首のゆがみは骨盤や背骨のゆがみのせいで足の筋肉を支配している神経のはたらきが悪くなっていることが原因でできてしまっているということも考えられますので、痛みが出る前に、あるいは痛みが起こってしまってからもお気軽にスターカイロにご相談ください。
(M)


→このページのTOPへ
スターカイロ ブログ カテゴリ 最近の記事 月別アーカイブ
 
LINE 友だち追加 日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ