タグ: ,

「産後1カ月 ふらつきと頭痛」(30代女性 主婦)

先月、第4子を出産した。産後1カ月経過したので、幼稚園への送り迎えを再開した。3男を右手でつなぎ4男を左手で抱っこして歩くと、左へふらついてしまう。2日前の1カ月健診でこのふらつきを相談したところ、「骨盤が安定していないからだろう」と言われたためカイロプラクティックを受けてみようと思った。関係あるか分からないが、仰向けで寝ると腰が痛く右足後面がズキンとしびれる。
頭痛は10年以上前(第1子出産前後)からで、ずっとある。週2回くらいの頻度で、いつも10段階中の10(一番強い)の痛み(ズキン、ズキンと単発の痛みが規則的に)。最終的に嘔吐すると、楽になる。きまって左耳あたりがズキンとして、そこから拡がって頭頂部から右側まで痛くなる。2年前に脳神経外科を受診し、MRIで異常はなく「片頭痛」の診断だった。片頭痛の予防薬を処方され、飲んでいた時は楽だった。今は授乳中のため、弱い薬をどうしてもという時にしか飲めない。ふらつきよりも、頭痛の方がつらい。

初回来院時の状況

骨盤の高さが右の方が高く、左に傾く姿勢になっていた。軸足を右にした片足立ちでは、ふらつきが見られた。右中殿筋と右腰方形筋は力が入りにくく、押すと右足にしびれが誘発された。そこに神経を送っているレベルの腰椎に、カイロプラクティック的な問題が見つかった。産後で骨盤は動いていたが、緩く開いているという程ではなく問題なしと判断した。
頭部は前方に位置してアゴを突き出すような状態で、頚椎にも問題が見つかった。

施術内容及び経過

問題の見つかった、頚椎と腰椎(2カ所)に対してカイロプラクティックの矯正を行った。アプライドキネシオロジーを使い、力の入りにくい右腰方形筋と右中殿筋にも刺激を入れていく。その場で関節の動きは良くなり、筋肉に力が入りやすくなった。1カ月後の2回目来院時には、「この1カ月で、頭痛に2回しかならなかった。すごい!今まで薬がないと不安だったのが、ウソのよう」とのことだった。右足を軸にした片足立ちは問題なかったが、細かくチェックするとまだ少し問題が残っていたので継続して施術し、メンテナンスに移行した。

担当者コメント

お子さんが4人いると、自分自身のことはどうしても後回しになりがちです。それでも産後1カ月でつらさのあまり、来院されました。来院のキッカケとなったふらつきは、内耳の問題ではなく姿勢のクセからくるものでした。そして10年以上前から悩まれていた片頭痛は、カイロプラクティックでは比較的よく見られる頚椎の問題からでした。お子さんに手がかかるので定期的には来院できませんが、来られた際には全力で対応しています。
今回のように授乳中の場合、薬が使えない・使いたくないという声がよく聞かれます。そんなとき、薬を使わないカイロプラクティックがお役に立てると思います。妊娠中・授乳中の方は、ご相談ください。
(G)
№F09717

→症例報告のトップページに戻る

カテゴリ タグ ぎっくり腰 しびれ めまい アスリート ストレートネック パフォーマンス 予防 側弯症 全身 医療関係者 坐骨神経痛 姿勢 急性腰痛 有名人 椎間板ヘルニア 猫背 産後 股関節痛 肩こり 肩甲骨 肩痛 背中の痛み(背部痛) 背骨のゆがみ 腰痛 膝痛 自律神経 頚部痛(首の痛み) 頭痛 骨盤のゆがみ 骨盤矯正
 
LINE 友だち追加 日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ