タグ: , ,

「急性腰痛、左足付け根の痛み」(40代男性 システムエンジニア)

一昨日の夜に自宅階段でもう一段あると思って足を下ろしたところ、もうなくて左足のつけ根(前後とも)に違和感があった。翌朝起きたら痛くなっていて、整形外科を受診した。レントゲンで「骨盤がずれている。ヘルニアかも」と言われ、治療は痛み止め(飲み薬)と湿布を処方された。今は動かさなければ痛くないが、左足を動かすとズキッとした痛みがある。痛み止めを飲んでいても痛くて普通に歩けないので、何とかしたくて来院した。このままでは出社もままならない。

<初回来院時の状況>
骨盤の高さに左右差があり、左膝は軽く曲げている状態だった。腰椎はストレート(理想は前カーブ)で、下部腰椎から骨盤にかけては動きが悪くなっていた。左股関節は内旋制限がみられ、左梨状筋と左腸腰筋が短縮・緊張していた。

<施術内容及び経過>
レントゲンで骨には異常がないが、骨と骨とで形成される関節の動きが悪く機能に問題がみられた。カイロプラクティック検査で見つかった下部腰椎と骨盤(仙骨)にカイロプラクティックの矯正を行い神経筋機能の正常化をはかるとともに、左股関節に内旋の動きをつけていった。2日後には、痛み止めを服用すればいつも通りに歩けるようになっていった。継続して施術を行い、短縮した筋肉はストレッチしていく。さらに3日後には痛みは当初の7割減で、動きにスムーズさが出てきた。その2日後の4回目来院時には、痛み止め・湿布はなくても普通に歩けるようにまで回復していた。安定させるように施術を行い、ケース終了となった。

<担当者コメント>
早く普通に歩けるように戻したいとの意向で、1週間に4回の短期集中で施術を行いました。施術自体はオーソドックスなもので、神経筋機能の回復をカイロプラクティックの矯正で促していくことでした。今回のケースはもうない階段をもう一段降りようとして、屈曲反射で筋肉の過緊張が起きてしまったのではないかと思います。屈曲反射は、熱いものをさわった時に咄嗟に手を引っ込めたり、何かを踏んだ時に瞬間的に足を引っ込めたりする防御反応です。ただそれが強く出すぎてしまうと、筋肉はスパズム(痛みを伴う筋緊張)をおこして動作に支障がでてしまいます。痛みを出さないように、その緊張を解除していく施術で順調に回復していけたのではないかと思います。
(G)
№E96717

→症例報告のトップページに戻る

カテゴリ タグ ぎっくり腰 しびれ めまい アスリート ストレートネック パフォーマンス 予防 側弯症 全身 医療関係者 坐骨神経痛 姿勢 急性腰痛 有名人 椎間板ヘルニア 猫背 産後 股関節痛 肩こり 肩甲骨 肩痛 背中の痛み(背部痛) 背骨のゆがみ 腰痛 膝痛 自律神経 頚部痛(首の痛み) 頭痛 骨盤のゆがみ 骨盤矯正
 
LINE 友だち追加 日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ