タグ: ,

「妊娠6カ月 腰痛と背中痛」(30代女性 ファッション系ライター)

妊娠6カ月(3人目)だが、2週間前から右の背中から腰にかけて痛みが出てきた。ずっと立っていた時や、抱っこをした後に痛い。鈍いような、キリキリするような、張っているような感じの痛みが出る。2人目の時も、妊娠8カ月くらいで痛くなったのを思い出した。
できるだけ薬は飲みたくないので、口コミを見てカイロプラクティックを受けてみようと思った。

<初回来院時の状況>
妊娠6カ月だが、見てわかる程度にはお腹が大きくなってきていた。右に傾くような姿勢で、お腹が大きくなり重心が変わってきたことと合わせて背部右側の負担が増えて症状につながっていると思われた(右腰方形筋を押すと痛む)。体を右にひねる動きで、痛みが誘発された。カイロプラクティック検査では、胸腰移行部と右骨盤に問題が見つかった。

<施術内容及び経過>
妊婦用のクッションを使用して、うつ伏せの状態で背骨の動きを緩やかにつけていく。背中全体がリラックスしてきたところで、問題の見つかった腰椎と骨盤に対してカイロプラクティックの矯正を行った。右腰方形筋の圧痛は減って、体を右にひねる動きでの痛みも軽減された。カイロプラクティック検査では、まだ完全ではなかった。10日後の2回目来院時には、症状が軽くなっていたがまだ残っている状態であった。継続して施術を行い、その場で右にひねる動きで痛みが出なくなった。カイロプラクティック検査でもしっかりと正されているのを確認できたため、メンテナンスに移行した。

<担当者コメント>
妊娠中の症状は使える薬が限られていたり薬を使いたくなかったりして、どこに行けば良いか迷われる方が多くいらっしゃいます。お医者さんに相談しても「出産すれば良くなります」と言われることもあるようです。カイロプラクティックでは薬を使わず機能を改善していくことができるので、妊婦さんでも問題ありません。海外ではお産が軽くなる、という報告もあるようです。詳しくは、「妊娠中のカイロプラクティックケアのメリット」をご覧ください。
この方は妊娠8カ月にもう一度メンテナンスに来られて、その後無事ご出産されました。
(G)
№F28118

→症例報告のトップページに戻る

カテゴリ タグ ぎっくり腰 しびれ めまい アスリート ストレートネック パフォーマンス 予防 側弯症 全身 医療関係者 坐骨神経痛 姿勢 急性腰痛 有名人 椎間板ヘルニア 猫背 産後 股関節痛 肩こり 肩甲骨 肩痛 背中の痛み(背部痛) 腰痛 膝痛 自律神経 頚部痛(首の痛み) 頭痛 首こり 骨盤のゆがみ 骨盤矯正
 
LINE 友だち追加 日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ