タグ:

「動き始めは痛いが徐々にマシになる腰痛」(30代女性 看護師)

昨日たまたま1日中ゴロゴロしていたら、夜になって腰痛が悪化した。仕事柄、放射線の中で鉛のベスト(3㎏)を着て1日中立っているので、慢性的に腰痛はあった。今は腰を伸ばすと痛いが、動いて昨日よりはマシになっている(10段階中5の痛み)。生理痛もあるが、ロキソニンで対応している。関係あるか分からないが、以前から股関節が毎朝コキコキ鳴る。

<初回来院時の状況>
腰痛は、曲げても反らせても腰仙部(腰と骨盤の境目)が痛いが、特に反らせた時に痛みが強い。右足を4の字にすると(パトリックテスト)、痛くはないが股関節が硬く左に比べて可動域が狭い。立位姿勢は左に傾き、骨盤は右の方が高く位置していた。右中殿筋(姿勢に関連)と右大殿筋(生理痛に関連)に力の入りづらさがあった。カイロプラクティック検査では、力の入りにくい筋肉に神経を送っている腰椎に問題が見つかった。

<施術内容及び経過>
問題の見つかった腰椎に、カイロプラクティックの矯正を行っていった。その場で右中殿筋・大殿筋とも力が入りやすくなり、右足4の字(パトリックテスト)も左右差がなくなった。しかし腰を反らせた痛みが残っていた(10段階中3)。2回目来院時には、よく寝た後も腰は痛くなく、股関節が鳴る回数が減っていた。筋肉には力が入りやすい状態を維持できていたが、まだ反らせると痛みが出るので継続して施術を行った。その後、週1回ペースで2回施術を行ったところ、腰を反らせた時の痛みは出なくなっていた。そして前かがみの姿勢が続くと違和感がある程度(10段階中0.5)になり、股関節は鳴らなくなった。

<担当者コメント>
鉛のベスト(3㎏)を着て1日中立っていると、体のどこかには負担がかかってきます。この方の場合は、体が左に傾いて腰にきてしまいました。キッカケが「動かずにゴロゴロしていたこと」で動かすと痛みがでるけれどマシになるというのは、カイロプラクティックで背骨の関節を動かしていくと良くなっていけることを示唆するエピソードでした。その中でただ硬いところを動かすのではなく、神経の働きを重視して筋肉に力が入りやすくなる部位を選んでカイロプラクティックの矯正で動かしていきました。お仕事の負担がかかり続けていたため、計4回を要しました。
(G)
№F14017

→症例報告のトップページに戻る

カテゴリ タグ ぎっくり腰 しびれ めまい アスリート ストレートネック パフォーマンス 予防 側弯症 全身 医療関係者 坐骨神経痛 姿勢 急性腰痛 有名人 椎間板ヘルニア 猫背 産後 股関節痛 肩こり 肩甲骨 肩痛 背中の痛み(背部痛) 背骨のゆがみ 腰痛 膝痛 自律神経 頚部痛(首の痛み) 頭痛 骨盤のゆがみ 骨盤矯正
 
LINE 友だち追加 日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ