タグ: , , , , ,

「メニエール病によるめまい・耳のつまり」(40代女性 主婦)

メニエールは4年前からで、最初右の耳鳴りがあり強い回転性のめまいになった。3日間入院して落ち着いたが、その後何回も繰り返している。
今回は2カ月前からで、特にきっかけがなくひどくなった。耳に水がつまったような感じになり、回転性のめまいが起こる。めまいが起こると嘔吐して、3時間くらいするとおさまる。めまいがおさまっても半日くらいすると、次の耳のつまり感が出てくる。こうした症状は週に1~2回あって、直近では昨日がそうだった。
今回のめまいが出た2カ月前に、耳鼻科を受診した。最終的にMRIで検査して「他に何も問題がないから、メニエールで確定だろう」と言われた。薬は、血流改善・抗炎症作用・利尿作用のあるものを服用しているが、あまり効果を感じていない。次回は来週受診予定で、「耳に直接ステロイド注射をしてはどうか」と言われている。少しでも軽減すればと思い、来院した。

初回来院時の状況

頭部前方で、右肩が前上方に巻き込んでいた。右頚肩部の筋肉が、左に比べて硬く緊張がみられた。目の動きを検査すると気持ち悪さが出て、三半規管に負担がかかりやすい状態であることが分かった。カイロプラクティック検査では、上部頚椎(右側)に強い制限がみられた。

施術内容及び経過

問題のみつかった上部頚椎を中心に、胸椎と右肩甲骨に調整をしていった。症状が強く、背骨の動きも良くないので、最初は週に2回ペースで施術を続けた。2回施術を行った後は、めまいは出ても嘔吐はなくなった。4回終了時点で耳鼻科を受診し「右の聴力が回復してきている」と言われ、ステロイド注射は延期となった。その後は週に1回ペースで施術を行い、台風の時にはめまいが出たが嘔吐はなく、耳のつまりも減っていった。施術開始から3カ月経過した頃には、耳のつまりは出てもめまいはなく落ち着いてきたので、メンテナンスに移行した。

担当者コメント

メニエール病は、回転性めまいと耳鳴り・耳のつまりが同時に起こるのが特徴です。内リンパ液の増えすぎが原因と言われているので、その時の症状が治まるまでに2~3時間かかるのが特徴です。この方のように、嘔吐もめずらしくありません。
耳鼻科での治療は、薬がメインとなります。内リンパ液を減らすために、血流改善や利尿作用のあるお薬を処方されることが多いようです。これで症状が落ち着けば良いのですが、繰り返す場合は内リンパ液が増えすぎる原因が何かしらあるはずです。
カイロプラクティックでのアプローチは、自律神経の働きを改善させていきます。自律神経の働きが良くなることで、内リンパ液の状態が安定してくる可能性があります。今回は、特に自律神経との関わりが深い上部頚椎に問題があり、そこが解決されたことで症状が落ち着いたケースだったと思います。耳鼻科での治療を続けても繰り返す場合は、カイロプラクティックがお役に立てるかもしれません。
(G)
№E16114

→症例報告のトップページに戻る

カテゴリ タグ ぎっくり腰 しびれ めまい アンチエイジング パフォーマンス 予防 側弯症 全身 医療関係者 坐骨神経痛 姿勢 子供・学生 寝違え 急性腰痛 有名人 椎間板ヘルニア 猫背 産後 股関節痛 肩こり 肩甲骨 背中の痛み(背部痛) 腰痛 膝痛 自律神経 頚部痛(首の痛み) 頭痛 首こり 骨盤のゆがみ 骨盤矯正
 
LINE 友だち追加 日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ