タグ: ,

「肩こり頭痛 姿勢が悪い」(20代女性 デスクワーク)

元々肩がこりやすいが、ひどくなると頭痛になる。頭痛は全体的にあるが、今は薬を飲んで抑えている。1年前に転職してデスクワークの時間が長くなってから、さらに肩こりがひどくなった。友人に紹介されてカイロプラクティックを受けてみようと思い、来院した。姿勢が悪い自覚があるので、姿勢も良くしていきたい。

初回来院時の状況

左に傾く姿勢で、左首から肩にかけて筋肉が緊張していた。頭部は前方に位置し、肩は前上方に巻き込んでいた。右足を軸にして片足で立つと、不安定さがみられた(トレンデレンブルグテスト右陽性)。右中殿筋には力の入りにくさがあり、左に傾いた姿勢はそのせいだと思われた。カイロプラクティック検査では、頚椎を押すと頭痛が誘発され、胸椎と関連する肋骨(いずれも頭部前方で巻き込み肩の原因となっている)、右中殿筋に神経を送っている腰椎に問題がみつかった。

施術内容及び経過

問題の見つかった頚椎、胸椎と関連する肋骨、腰椎に対してカイロプラクティックの矯正を行っていく。アプライドキネシオロジー(AK)の検査も併用して、右中殿筋には直接刺激を入れていく。その場で右中殿筋には力が入りやすくなり、左首から肩にかけての筋肉に柔らかさが出てきた。1週間後の2回目来院時には、片足立ちが安定するようになり頭痛が消失したと報告を受けた。検査でもトレンデレンブルグテスト右が陰性になり、頚椎を押しても頭痛は誘発されず、自覚と客観が一致していた。それでも右中殿筋はより負荷のかかる方法で検査をすると、左に比べて力の入りにくさがあった。継続してカイロプラクティックの矯正を行っていく。その2週間後の3回目来院時には、自覚として肩こりがかなり楽になり、客観的にも良化が見られた。さらに安定するように施術を行い、姿勢について日常で気を付けることをお伝えしてメンテナンスに移行した。

担当者コメント

肩こりがひどくなると頭痛になる場合、筋緊張性頭痛が疑われます。よくみられるのは上部僧帽筋や胸鎖乳突筋にトリガーポイントがあり、その筋肉を押すと頭痛を感じるものです。しかしこの方の場合はトリガーポイントがなく、頚椎を押すと頭痛が誘発されました。いわゆる頚椎原性頭痛と呼ばれるもので、カイロプラクティックが得意としています。そしてその遠因は、左に傾く姿勢であったと思われます。全身にアプローチをして姿勢のクセを同時に正していったことで、早期の改善につながったのではないかと思います。
(G)
№F21418

→症例報告のトップページに戻る

カテゴリ タグ ぎっくり腰 しびれ めまい アスリート パフォーマンス 予防 側弯症 全身 医療関係者 四十肩・五十肩 坐骨神経痛 姿勢 急性腰痛 有名人 椎間板ヘルニア 猫背 産後 股関節痛 肩こり 肩甲骨 肩痛 背中の痛み(背部痛) 腰痛 膝痛 自律神経 頚部痛(首の痛み) 頭痛 首こり 骨盤のゆがみ 骨盤矯正
 
LINE 友だち追加 日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ