タグ: , , ,

「腰椎椎間板ヘルニアによる右臀部痛と足のしびれ」(30代男性 会社員)

3か月半前に腰に激痛があり、会社から救急車で病院に運ばれた。整形外科でブロック注射と座薬をしたがなかなか効かず、翌朝やっと効いてきた。普段運動をしていなかったが、痛くなる前の1か月間は走っていたので、それが原因ではないかと思う。仕事を休んで鎮痛剤を1日6錠飲んでいたところ、半月後にMRIで「垂れたヘルニア(L4/5)が小さくなってきた」ため手術はしないことになった。
1か月後に仕事復帰したが、右足のしびれと腰痛・右臀部痛は残っていた。行きつけの鍼に通っていたところ薬を飲まなくても我慢できるようになったが、麻酔がかかった時のように右親指は感覚がなく右スネのしびれが続いている。なんとかしたくて、知人の紹介で来院した。

初回来院時の状況

3か月前のMRI画像では、本人の言葉通りヘルニアが突出(L4/5)して垂れた様子が見てとれた。下肢伸展挙上テストは陰性で、現在は直接的な影響は減ってきているように思われた。しかし、右下腿前外側から右第1足趾にかけて感覚鈍麻がみられた(触られても感覚が鈍い)。カイロプラクティック検査では、下部腰椎と右骨盤に問題がみつかった。

施術内容及び経過

患部に近い腰椎を避けて、その上下の腰椎と骨盤を調整してバランスをとっていく。週に2回ペースで計4回施術したところ、右臀部の痛みが軽減してきたためマッケンジーエクササイズを併用して進めていく。しびれはあるが痛みはない状態になったため患部へのアプローチも開始し、徐々に間隔をあけながら調整を続ける。4カ月後9回目の施術では、日常でのしびれは仕事後の夜に感じる程度まで減っていた。少し残るしびれは右第1足趾のみになり、テーピングを併用したところ3週間後の10回目の施術では消失していた。

担当者コメント

1か月間休職され、相当つらい思いをされていました。少しでもお役に立てるよう、カイロプラクティックでできることを全力で行いました。責任感の強い方で焦りもあったと思いますが方針を理解していただき、急ぎ過ぎず状態に合わせた施術を着実に進めていくことができたのが良かったと思います。手術をするかどうかというレベルでしたが、現在は元通りの日常生活を送っていらっしゃいます。
つらい経験から考え方が変わり、現在は痛みが出る前にメンテナンスに来られています。
(G)
№E28615

→症例報告のトップページに戻る

カテゴリ タグ ぎっくり腰 しびれ めまい アスリート アンチエイジング パフォーマンス 予防 側弯症 全身 医療関係者 坐骨神経痛 姿勢 子供・学生 急性腰痛 有名人 椎間板ヘルニア 猫背 産後 股関節痛 肩こり 肩甲骨 背中の痛み(背部痛) 腰痛 膝痛 自律神経 頚部痛(首の痛み) 頭痛 首こり 骨盤のゆがみ 骨盤矯正
 
LINE 友だち追加 日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ