タグ: , ,

「腰痛と右足外側のしびれ」(30代男性 研究職)

5年前に腰痛と左足のしびれで、ひどい時は立てないくらいの状態だった。当時住んでいた場所でカイロプラクティックを受けて良くなり、その後は2年間メンテナンスに通っていた。
今回は1年前から腰痛と右足がしびれるようになった。今では常にしびれている。立っていると特にしびれが強くなり、朝よりは夕方にひどくなる。腰痛はひねったり押したりするとあり、起床時にはたまに出る程度。立てるだけ5年前よりは良いと思う。

初回来院時の状況

姿勢は右下がりで、腰椎の前弯が過剰になっていた。L5領域にしびれがあるが、神経学検査では陰性。整形外科的テスト(下肢伸展挙上検査)も、陰性。立った状態で腰を反らせると腰に痛みがでるが(伸展時痛)、しびれは変化なくある。カイロプラクティック検査では、腰椎と骨盤に問題が見つかった。

施術内容及び経過

椎間関節症候群を疑い、下部腰椎の負担を軽減させるようバランスを整えていく。施術は腰椎と骨盤の関節に対して、カイロプラクティックの矯正を行っていった。週1回のペースで3回施術したところしびれが少なくなってきたが、週の後半にはまだ出る。さらに2回施術を行ったところ、しびれは消失した。腰痛は、運動をするとまだ出る。2週間に1回ペースに間隔を伸ばして施術を続けたところ、来院開始から2か月半後、計8回の施術で伸展時痛も出なくなった。その後は、不定期でメンテナンスを続けている。

担当者コメント

椎間関節症候群は、背骨の関節(椎間関節)に負荷等で刺激が加わると関連した領域にしびれや痛みなどの症状を出します。ペインクリニック等で麻酔を注射すると、症状が軽減します。ただし過度の刺激が入ると、また再発することも多いようです。根本から正すには、負担がかからないバランスにしていくことです。カイロプラクティックなら直接関節にアプローチすることができるので、根本からの解決につながりやすいと言えます。
(G)
№E85117

→症例報告のトップページに戻る

カテゴリ タグ ぎっくり腰 しびれ めまい アスリート アンチエイジング パフォーマンス 予防 側弯症 全身 医療関係者 坐骨神経痛 姿勢 子供・学生 寝違え 急性腰痛 有名人 椎間板ヘルニア 猫背 産後 股関節痛 肩こり 肩甲骨 背中の痛み(背部痛) 腰痛 膝痛 自律神経 頚部痛(首の痛み) 頭痛 骨盤のゆがみ 骨盤矯正
 
LINE 友だち追加 日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ