タグ: , ,

「湿布 薬でおさまらない急性腰痛(ぎっくり腰)」(20代女性 声優)

4日前に収納ケースを持ち上げたところ、腰に重い痛みが出た。その時はそれほど強い痛みではなかったが、2日前に体を動かしたところ悪化した(10段階中10の痛み)。整形外科を受診したがレントゲンの機械が故障中で「スジを痛めたのではないか」と言われ、湿布と飲み薬(痛み止めと筋肉をほぐす薬)を処方されたが、今日になっても痛みがおさまらないでいる(10段階中5の痛み)。歌のレッスン時に腰痛だと言っていたら、先生から紹介されて急遽STARカイロプラクティックを訪れることになった。
座っているだけでも鈍痛がずっとあって、モゾモゾ動きたくなる。立っていてもじんわり痛く、体を動かすと痛みが強くなる。

<初回来院時の状況>
姿勢の左右差が大きく、痛みが強い右側をかばっているようだった。おじぎのように体を前に倒してから戻してくる時と(4の痛み)、腰を反らせた時に(5の痛み)、右仙腸関節を中心に痛みが誘発された。整形外科的テストのパトリックテスト(足を4の字にする)でも痛みが誘発され、胸の前で膝を抱えるようにしても痛い。痛い場所の近くの筋肉(右中殿筋)は力の入りにくさがみられた。カイロプラクティック検査とアプライドキネシオロジー検査では、その中殿筋に神経を送っているレベルの腰椎と、右仙腸関節に問題がみつかった。

<施術内容及び経過>
問題の見つかった腰椎と右仙腸関節にカイロプラクティックの矯正を行い、右中殿筋にはアプライドキネシオロジーを使い直接刺激を入れていった。その場で右中殿筋には力が入るようになり、おじぎから戻してくる動きでは痛みが消失していた。整形外科的テストのパトリックテストは陰性になり、膝を抱えるようにしても痛みは出なくなっていた。立った状態で腰をそらした時にまだ3の痛みが残っていたが、アプライドキネシオロジーの検査では問題はクリアになっていた。痛みが残るようならもう1回施術が必要な旨をお伝えしたが、翌日には痛みが消失していたため1回の施術でケース終了となった。

<担当者コメント>
カイロプラクティックでたまにある、1回で良くなったケースです。関節の引っかかりが痛みの一番の原因になっていて、そこさえ動いてくるとあっという間に楽になるというケースです。そのひっかかりの原因になっていた姿勢のアンバランス、特に右中殿筋の力の入りにくさにも一緒にカイロプラクティックの矯正を行っておくことで、神経筋機能が正されご自身の力で良くなっていける状態になったのではないかと思います。

(G)
№F10317

→症例報告のトップページに戻る

カテゴリ タグ ぎっくり腰 しびれ めまい アスリート ストレートネック パフォーマンス 予防 側弯症 全身 医療関係者 坐骨神経痛 姿勢 急性腰痛 有名人 椎間板ヘルニア 猫背 産後 股関節痛 肩こり 肩甲骨 肩痛 背中の痛み(背部痛) 腰痛 膝痛 自律神経 頚部痛(首の痛み) 頭痛 首こり 骨盤のゆがみ 骨盤矯正
 
LINE 友だち追加 日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ