タグ: ,

「臀部痛・坐骨周辺の痛み(右側)」(40代女性 主婦)

元々腰痛があり、ぎっくり腰にも2~3回なったことがある。
今回は先週のはじめに、右臀部(坐骨周辺)が歩くたびに電気が走るような感じで痛くなり、右手で荷物を持てなくなってしまった。思い当たるのは、暖かくなってきていたのでスリッパや靴下をはかずにフローリングで過ごしていたこと。冷えてしまって、むくみやすくなっていたのが良くなかったのかもしれない。鍼・マッサージと痛み止めでごまかして、一旦楽になっていた。ところが、昨日からまた痛くなった。先週よりはマシだが、歩くときに引きずってしまうのと、片足で立っていられないので階段もつらい。また、子供を自転車の後ろに乗せていると、信号待ち(片足ついて)がつらい。

初回来院時の状況

右足をつくと痛みを誘発するため、左足重心になっていた。痛い場所は右の坐骨で、そこから上方に電気が走るような感じが出る。右坐骨に付着する右ハムストリングスは力が入りにくい状態で(筋力検査で4/5)、カイロプラクティック検査ではその筋肉群に神経を送っているレベルの腰椎に問題が見つかった。

施術内容及び経過

問題の見つかった腰椎を中心に、骨盤にもカイロプラクティックの矯正を行ってバランスを正していく。施術後には右ハムストリングスに力を入れやすくなり、右足をついた時の痛みが半減していた。1週間後の2回目来院時には、片足立ちや階段で痛みが出なくなっていて、右ハムストリングスにもしっかり力がはいる状態をキープできていた。継続してバランスを整えるようにカイロプラクティックの矯正を行ったところ、重心が真ん中(正中)で安定したため終了となった。

担当者コメント

右足に体重をかけられない程の痛みが出ていました。骨格から正して神経筋機能を回復させることで、早期の改善につながりました。その後は、自転車での信号待ちも大丈夫だったとのことです。
しかし2年後に再来院された時にも、同部位を痛めてしまっていました。日常生活のちょっとしたクセの蓄積で、バランスを崩してしまっていました。バランスを正して、体の使い方も変えていけるようメンテナンスしていくことになりました。
(G)
№E68416

→症例報告のトップページに戻る

カテゴリ タグ ぎっくり腰 しびれ めまい アスリート アンチエイジング パフォーマンス 予防 側弯症 全身 医療関係者 坐骨神経痛 姿勢 子供・学生 寝違え 急性腰痛 有名人 椎間板ヘルニア 猫背 産後 股関節痛 肩こり 肩甲骨 背中の痛み(背部痛) 腰痛 膝痛 自律神経 頚部痛(首の痛み) 頭痛 骨盤のゆがみ 骨盤矯正
 
LINE 友だち追加 日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ