タグ:

「第5腰椎(脊椎)分離症による腰痛」(40代女性 会社員)

腰痛自体は慢性的にあったが、1カ月前にすごく痛くなった。階段を上ろうと足を10㎝上げただけで痛かったので、すぐに整形外科を受診した。レントゲンで「第5腰椎の分離症(左)」と診断され、治療は鎮痛薬だった。薬を飲んでいたところ、胃が痛くなってしまったので服用するのをやめた。現在の症状は、座っていても立っていても同じ姿勢が続くと腰が重くだるくなる。当初は左側だけだったが、右の方にも出てきたためカイロプラクティックを受けてみようと思った。

<初回来院時の状況>
うつむき気味で、背中が丸まった姿勢だった。そのため腰部の生理的弯曲が減少し、腰椎5番のあたり(腰と骨盤との境目)に負担がかかりやすい状態だった。腰は曲げても反っても痛みを誘発するが、下肢の神経症状は出ない。カイロプラクティック検査では、骨盤の真ん中(仙骨)に問題が見つかった。

<施術内容及び経過>
腰に負担がかかりやすいバランスになっていたため、問題の見つかった背骨の関節にカイロプラクティックの矯正(アジャストメント)を行って負担軽減をはかった。脊椎分離症のある腰椎5番に対しては矯正を行わず、その下に位置する仙骨へのアジャストメントでバランスを整える。1週間後の2回目来院時には、「いつもより軽い」とのことだった。その言葉通り、腰を曲げたり反ったりしても痛みは誘発されなくなっていて、カイロプラクティック検査でも状態の良化を確認できた。良い状態で安定するよう続けて調整を行い、計2回の施術で終了となった。

<担当者コメント>
脊椎(腰椎)分離症は、X線(レントゲン)で確認できます。テリア犬の首輪像という特徴的な画像所見があります。この方のように腰椎5番が好発部位で、西洋医学では薬などの保存療法が第1選択になり、軽快しない場合は手術が提案されることもあるようです。カイロプラクティックでは周囲の調整を行うことで負担の軽減をはかり、自然治癒による症状の回復を促します。この方はカイロプラクティックが合っていたようで、2回の施術で症状が軽快しました。全ての方がこの限りではありませんが、こうした選択肢も視野にいれておかれると良いでしょう。
(G)
№E75616

→症例報告のトップページに戻る

カテゴリ タグ ぎっくり腰 しびれ めまい アスリート ストレートネック パフォーマンス 予防 側弯症 全身 医療関係者 坐骨神経痛 姿勢 寝違え 急性腰痛 有名人 椎間板ヘルニア 猫背 産後 股関節痛 肩こり 肩甲骨 肩痛 背中の痛み(背部痛) 腰痛 膝痛 自律神経 頚部痛(首の痛み) 頭痛 骨盤のゆがみ 骨盤矯正
 
LINE 友だち追加 日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ