タグ: , ,

「腕を上げたら肩がズキッと痛む」(60代男性 医師)

4日前、仰向けに寝転がってテレビを観ていて枕元にあるリモコンを取ろうと右手を頭の上に伸ばしたら右肩にズキッと強い痛みが起こった。痛いながらも腕を上げることができていたが、来院前日に家族に揉んでもらったら痛みが悪化して全然上がらなくなった。
仕事柄うなだれるように下を向いて顕微鏡をのぞき込むことが多く、首と肩のコリは慢性的に感じている。

初回来院時の状況

肩の筋肉を使って自分で動かそうとすると痛みが強く、体の前にも横にもほとんど上げることができないが、腕の重さを支えて他動で動かしたり、仰向けの状態で上げたりすると、肩関節自体の可動域はあった。
カイロプラクティックチェックでは、痛みの強い筋肉に神経を送っている頚椎と、肩甲骨を安定させる筋肉に神経を送っている頚椎、肩甲骨の内側の胸椎に問題がみつかった。

施術内容及び経過

問題のある頚椎と胸椎にカイロプラクティックの矯正をおこなって、傷んでいる部分の治癒力アップと、肩甲骨の安定と可動性アップによる負荷軽減を目指した。
翌日はまだ痛みが強かったが徐々に軽減し、リハビリのエクササイズもおこなえるようになったとのことだったので続けてもらい、10日後に頚椎と胸椎に2回目の矯正をおこなった。
さらにその5日後にはほとんど問題なく腕を上げられるようになり、日常生活に支障なくなった。予防のための矯正に加えて姿勢改善のためのメンテナンスもおこなった。

担当者コメント

五十肩かと思うようなケースですが、肩関節の炎症ではなく、肩甲骨と上腕をつなぐ筋肉の炎症による痛みだったと考えられます。首や肩が前に突き出るような姿勢が慢性化している状態で肩を動かしたり肩甲骨の動きがスムーズではない状態で腕を上げたりすると肩甲骨と上腕骨をつなぐ筋肉や滑液包の一部に炎症が起きてしまうことがあります。筋肉に炎症が起きているときに無理に動かしたり揉んだりしてしまうと、炎症が悪化して痛みが強くなってしまいますので注意が必要です。
このような場合まずは肩関節や痛んでいる筋肉への直接のアプローチではなく、痛んでいる筋肉の治癒力が上がるように、関係する頚椎の矯正や、その部分への負担が少なくなるような姿勢になるような矯正をおこなって、早期回復と再発防止を目指します。
(M)
№F38318

→症例報告のトップページに戻る

カテゴリ タグ ぎっくり腰 しびれ めまい アスリート パフォーマンス 予防 側弯症 全身 医療関係者 四十肩・五十肩 坐骨神経痛 姿勢 急性腰痛 有名人 椎間板ヘルニア 猫背 産後 股関節痛 肩こり 肩甲骨 肩痛 背中の痛み(背部痛) 腰痛 膝痛 自律神経 頚部痛(首の痛み) 頭痛 首こり 骨盤のゆがみ 骨盤矯正
 
LINE 友だち追加 日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ