タグ: ,

「右テニス肘」(50代男性 会社員)

2年くらい前に、思い当たるキッカケなく右肘が痛くなった。テニスのインストラクターをしていた人がカイロプラクター(オーストラリア人)で、その人に2~3回みてもらって良くなった。「テニス肘の疑いがある」と言われて、弱っている筋肉を強くしたり筋肉の柔軟性を上げたりしてもらった。
ここ半年、また痛くなってきた。週に2回テニスをしているが、フォアハンドで振ると重い感じがする。テニスを30分以上やっていると、つらくなる。やめたくなるくらいダルいが(腕が棒のように感じる)、実際はプレーを続けている。一昨日のテニスでまた痛めたので、カイロプラクティックが良いと思って来院した。

初回来院時の状況

痛みの出る部位を確認したところ、今回は右肘内側だった。いわゆるテニス肘は外側に痛みが出るため、どちらかと言えばゴルフ肘に当たるのかもしれない。しかし肘周囲の整形外科テスト(テニス肘・ゴルフ肘・内反ストレス・外反ストレス)では、すべて陰性だった。フォアハンドが重い感じのため手首を返す時に使う円回内筋と方形回内筋の力の入り方をチェックすると、どちらも力が入りにくく痛みが出る状態であった。カイロプラクティック検査では、腕に神経を送っているレベルの頚椎に問題が見つかった。

施術内容及び経過

問題の見つかった頚椎に、カイロプラクティックの矯正を行っていく。並行して、円・方形回内筋自体にもアプライドキネシオロジーを使って刺激を入れていく。その場では、力が入りやすくなり痛みも出なくなるが、週2回テニスをするためスッキリと痛みが取れるまでには回数がかかった。週1回ペースで2回施術をして、その3週間後の3回目来院時にはテニスを1時間しても痛みが出なくなっていた。しかしプレー後には重だるさが出てくる。2週間に1回ペースにしてさらに3回同様の施術を行ったところ、テニス後の重だるさもでなくなった。

担当者コメント

テニス肘・ゴルフ肘という診断名があるくらい、肘周囲の痛みはよくみられる問題です。炎症が強いと整形外科テストで陽性になるのですが、この方の場合はそこまで炎症は強くなっていないタイミングだったようです。ただそのままケアをしないでプレーを続けると、悪化してしまったかもしれません。肘周囲の神経筋バランスをカイロプラクティックで整えることで、テニスをプレーしながら痛みが出ない状態にもっていくことができました。
最近は、テニスやゴルフをしていなくても肘周囲に痛みが出る方が増えています。デスクワーク時のキーボードやマウスの使い方が、肘周囲に負担をかけていることがあります。気になったら放置せず、早めにケアしておくと良いですね。
(G)
№F14917

→症例報告のトップページに戻る

カテゴリ タグ ぎっくり腰 しびれ めまい アスリート ストレートネック パフォーマンス 予防 側弯症 全身 医療関係者 坐骨神経痛 姿勢 急性腰痛 有名人 椎間板ヘルニア 猫背 産後 股関節痛 肩こり 肩甲骨 肩痛 背中の痛み(背部痛) 腰痛 膝痛 自律神経 頚部痛(首の痛み) 頭痛 首こり 骨盤のゆがみ 骨盤矯正
 
LINE 友だち追加 日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ