タグ: , , ,

「自律神経失調症 めまい 背中の痺れるような痛み」(40代女性 看護助手)

昔から季節の変わり目にクラクラ・フワフワするめまいが起こりやすく、一年くらい前からは両肩から腕,背中や腰にかけて痺れのような痛みや重い感じや両ふくらはぎのだるさがある。最近は起き上がれないくらい痛みが強くなった。甲状腺機能の検査では異常がなく、自律神経の問題だと思ってマッサージや指圧を受けたら一時的に緩和したので何度か受けたが、すぐに戻ってしまうし、揉み返しもある。

初回来院時の状況

姿勢はやや反り腰でフラットバック(胸椎の後弯が消失している状態)、背骨全体の動きを見ると、屈曲/伸展の可動域は正常だが、側屈/回旋の可動域が低下している。他動で動かしながらの動的触診をおこなうと胸椎と肋骨の関節の動きが固くなっているところや筋肉の“こり”が見つかった。
下肢症状のチェックでは神経痛(末梢神経絞扼,根症状)の誘発はなく、下腿後面の深部の筋肉の過緊張が触知された。

施術内容及び経過

胸郭の可動性が低下して呼吸が浅くなっている可能性や、背中や下腿の筋肉の柔軟性が減少して血流も悪くなっていることによる症状と考えられたため、可動制限の強い胸椎や、肩や上肢に関係のある頚椎、下肢に神経を送っている腰椎〜骨盤の“ゆがみ”の矯正と、併せて筋肉などの軟部組織の緩和トリートメントをおこなった。
施術後は背中とふくらはぎが軽くなり、痺れがなくなった。その後2週間強の間はめまいも出なかった。

担当者コメント

自律神経のバランスが乱れる/整うことには様々な要因がありますが、とりわけ胸椎(および肋骨)のサブラクセーション(カイロプラクティック的なゆがみ)は呼吸や背部の緊張にかかわると考えられ重要です。
原因不明のめまいや背中全体の重だるさ、痺れ感などは筋肉の血行が悪くなって起こるケースも少なくありませんが、強いマッサージで揉み返しが起こる場合は、まずそれらの過緊張筋の付着部や神経を送っている部分の背骨の関節のゆがみを矯正することで改善が期待できます。
(M)
№G27822

→症例報告のトップページに戻る

カテゴリ タグ ぎっくり腰 しびれ めまい アスリート ストレートネック パフォーマンス 予防 側弯症 全身 医療関係者 坐骨神経痛 姿勢 急性腰痛 有名人 椎間板ヘルニア 猫背 産後 股関節痛 肩こり 肩甲骨 肩痛 背中の痛み(背部痛) 腰痛 膝痛 自律神経 頚部痛(首の痛み) 頭痛 首こり 骨盤のゆがみ 骨盤矯正
 
LINE 友だち追加 日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ