タグ: , ,

「慢性的な首・肩こり、背中(肩甲骨)の痛み」(30代女性 美容師)

慢性的に症状がある。仕事柄、ハサミをずっと持っていて固まるからか、仕事後に症状がつらくなる。休める時は休みストレッチをすると楽になっていたが、今月に入ってからはだるさがとれなくなってきたのでカイロプラクティックを受けてみることにした。

初回来院時の状況

右肩が上方に位置して、右耳は下方にあった。右の首から肩にかけて、筋肉が短縮してコリを感じているようだった。また右肋骨が後方に変位して、その影響で右肩甲骨が前上方に巻き込んでいた。カイロプラクティック検査で背骨と肋骨の関節をチェックすると、右肋骨と対応する胸椎・頚椎に問題が見つかった。

施術内容及び経過

問題のみつかった肋骨と胸椎・頚椎に対してカイロプラクティックの矯正を行っていった。忙しくて来院頻度を上げられなかったため、月1ペースで施術を行った。矯正後は楽になり関節の動きも良くなっているが、2~3週間すると戻ってきてしまう。それでも徐々に関節の動きが良くなっていき、計4回の施術後には日常での症状(背中の痛み、首・肩こり)が消失した。

担当者コメント

近年、肋骨の可動制限からくる巻き込み肩による症状は増加傾向です。首・肩こりや背中の痛みにつながることが多いです。多くの場合、PCやスマホでの不良姿勢が原因となっています。
この方の場合は、職業柄ハサミを多用することによるものでした。忙しいと症状が強くなり、忙しさが和らぐと症状も軽くなりました。カイロプラクティックの矯正で骨格から正していくことで、忙しさにかかわらず症状が出にくい状態にもっていくことができました。
その2年後に久しぶりに来院された時は、右肘の痛みを訴えられました。やはりハサミによるオーバーユースで、腕に力が入りにくい状態でした。カイロプラクティックの矯正で神経筋機能を改善して、その場で力が入るようになり痛みも軽減しました。同じ動きが続いて負担が蓄積されると、回復が追い付かなくなり症状につながります。こうしたケースでは、定期的なカイロプラクティックメンテナンス(プロケア)で予防することができます。
(G)
№E65416

→症例報告のトップページに戻る

カテゴリ タグ ぎっくり腰 しびれ めまい アンチエイジング パフォーマンス 予防 側弯症 全身 医療関係者 坐骨神経痛 姿勢 子供・学生 寝違え 急性腰痛 有名人 椎間板ヘルニア 猫背 産後 股関節痛 肩こり 肩甲骨 背中の痛み(背部痛) 腰痛 膝痛 自律神経 頚部痛(首の痛み) 頭痛 首こり 骨盤のゆがみ 骨盤矯正
 
LINE 友だち追加 日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ