タグ:

「首を曲げた時の背中の痛み(背部痛)」(30代男性 デスクワーク)

10日前の週末いつもと同じようにテニスをしに行ったが、準備運動中に寝違えたような痛みが背中に出た。しかし、その日はそのままテニスをすることができた。しかし、昨夜から痛みが強くなり、今朝は痛みで目が覚めた。現在は、首を曲げたり、横になったり、寝返りをうったりするとピキッと痛みが走って辛い。
以前から1年に1回くらい同様の痛みが出るが、これまでは2~3日すると自然に治っていた。今回は回復の兆しがみられないため、知人の紹介でカイロプラクティックを受けることにした。

初回来院時の状況

頭部が前方に位置し、肩は巻き込んで、背中が丸くなっていた。典型的なデスクワーク時の不良姿勢で固まっていた。そこから下を向くように首を曲げると、肩甲骨の間くらいに痛みが誘発された。また、顔を右に向けても痛みが出た。カイロプラクティックの検査では、胸椎に問題が見つかった。

施術内容及び経過

問題の見つかった胸椎にカイロプラクティックの矯正(アジャストメント)を行っていった。その際、顔を右に向けやすい方向に動きをつけていく。また後方から前方に、姿勢の丸まりを正すように調整していった。1回目で、顔を右に向けた時の痛みはほぼ消失し、下を向くときの痛みは半減した。10日後の2回目には、その間にテニスをしても大丈夫で日常生活では痛みが消失していた。下を向く動きで違和感が残っていたため継続して調整し、それも改善した。姿勢が悪くなると負担がかかりやすいので、今後はメンテナンスで全身のバランスを整えていくことになった。

担当者コメント

デスクワーク時の不良姿勢が、背中の痛みにつながったケースでした。肩甲骨の間はちょうど手(腕)の延長戦上にあり、長時間キーボードやマウス、スマートフォン等を使っていると負担がかかりやすい箇所です。加えて、頭部が前方に位置していることで、より負担が増していたのではないかと思います。それがテニスをした時に、急な痛みとして出てきてしまったのでしょう。
痛みの原因は、背骨の関節がスムーズに動かないことです。そのため、首を動かしたときに周囲の筋肉がこわばってしまっていて、ピキッとした痛みにつながりました。カイロプラクティックの矯正で、背骨の関節を元通りスムーズに動くようにしていくと早期に改善しやすいです。
(G)
№E85417

→症例報告のトップページに戻る

カテゴリ タグ ぎっくり腰 しびれ めまい アスリート アンチエイジング パフォーマンス 予防 側弯症 全身 医療関係者 坐骨神経痛 姿勢 子供・学生 寝違え 急性腰痛 有名人 椎間板ヘルニア 猫背 産後 股関節痛 肩こり 肩甲骨 背中の痛み(背部痛) 腰痛 膝痛 自律神経 頚部痛(首の痛み) 頭痛 骨盤のゆがみ 骨盤矯正
 
LINE 友だち追加 日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ