タグ: , ,

「首 肩 背中 左肋骨の下が痛い」(20代女性 SE)

ふとした動きや深呼吸で背中及び左肋骨の下の前側に痛みが起こるようになった。1ヶ月くらい前から違和感はあったと思うが1週間前から痛みが強くなっている。
首の後ろから背中にかけての痛みは、デスクワークの仕事に就いて2〜3年経った頃から仕事してるときにコリ感として感じており、今は慢性化してしまった。休みの日でも痛すぎて仰向けに寝られないことがある。

初回来院時の状況

背中の後弯と腰の前弯が減少したフラットバックで、胸椎部および肋骨の関節全体の動きが硬くなっている。特に肩甲骨の間の高さで顕著な可動制限が見られ、上体左回旋(左にひねる)すると同部と左季肋部に痛みが出現した。左の前鋸筋,外腹斜筋に筋硬結があり押すと嫌な痛みがあったが、肋骨部の叩打では痛みの誘発はなく、骨折の可能性はきわめて低いと考えられた。

施術内容及び経過

胸椎のゆがみに伴う可動制限によって肋骨の前側とそこに付着する筋肉にも影響が出て伸縮不全を起こしていることで出現した痛みと考えられた。まずは背骨と肋骨全体に緩やかに動きをつけ首〜背中にかけての起立筋の柔軟性が回復してから、問題の可動制限がある胸椎と肋骨の矯正をおこなったところ、上体左回旋時および深呼吸時の痛みがほとんど消失した。併せて、首から肩にかけての筋肉のコリに関係する頚椎のゆがみと、座り姿勢のクセに関わると考えられる胸腰移行部の可動制限を矯正した。
2週間後の来院時には背中と肋骨の下の動作痛と圧痛は消失して再発もなかった。首〜肩と背中のコリは徐々に強くなってきていたのでそれらの慢性痛のメンテナンスに移行した。

担当者コメント

肋骨というと胸の下あたりのことをまず思い浮かべるかと思いますが、当然肋骨は背中側まで繋がっていて胸椎と関節しています(胸肋関節)。長時間のデスクワークによって背中が硬くなって肋骨の可動制限が生じたり、胸椎のサブラクセーション(カイロプラクティック的に言うゆがみ)が生じて関節する肋骨に影響が出たりして、今回のケースのように体の前側の肋骨や、そこに付着する胸やお腹の筋肉が痛みを感じることがあります。これらは慢性化したものでなければ矯正後すぐに痛みは消失することが多いです。
(M)
№G42022

→症例報告のトップページに戻る

カテゴリ タグ ぎっくり腰 しびれ めまい アスリート ストレートネック パフォーマンス 予防 側弯症 全身 医療関係者 坐骨神経痛 姿勢 急性腰痛 有名人 椎間板ヘルニア 猫背 産後 股関節痛 肩こり 肩甲骨 肩痛 背中の痛み(背部痛) 腰痛 膝痛 自律神経 頚部痛(首の痛み) 頭痛 首こり 骨盤のゆがみ 骨盤矯正
 
LINE 友だち追加 日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ