タグ: ,

「急に左肩甲骨が痛くなった」(30代性 デスクワーク)

昨日の朝起きた時から、左の肩甲骨が痛い。ギックリ腰の背中版のような感じ。昨日は市販の塗り薬で1日過ごしたが、今朝になって痛みが増悪していたためカイロプラクティックに来院した。昨夜は寝返りのたびに痛みで目が覚めて、2時間おきに起きた。元々、首肩こりはあるが、運動できていると問題なく過ごせる。先週は、運動できていなかった。
5日後に海外旅行なので、それまでになんとかしたい。

初回来院時の状況

痛みの部位は左肩甲骨の内側で、首を動かすと痛みが誘発された。特に、下を向くと痛みが強く、いつもより向けない(可動域が狭い)とのこと。カイロプラクティックの検査では、左の肋骨(肋横突関節4番)の動きが悪くなっていた。

施術内容及び経過

動作時に、左肋骨が動かないことが痛みの原因と思われた。そのため寝返り時や首の動きに伴って、症状が誘発される。問題の左肋骨を中心に、関連する胸椎・頚椎に対してカイロプラクティックの矯正を行っていく。痛みが強く海外旅行まで時間がないため、2日後と出発の日の午前中にも施術を行った。2回目の時は寝返りでまだ痛みが残っていたが、出発日の3回目には寝返りでの痛みが出ずにゆっくり寝られたとのことだった。下を向いた時も痛みはなく(違和感程度)、施術後には左肋骨はしっかり動くようになり、安心して出発された。

担当者コメント

上半身の左側に出る痛みは、心臓の関連痛の可能性があります。胸の痛みのほかに、奥歯やのど・肩・腕・みぞおち・背中といった心臓から離れたところに症状がでるのが特徴です。
今回の場合は、特定動作(下を向く)で局所的な痛みが誘発されたため、肋骨の動きからきていると判断しました。肋骨の動きが良くなることで、症状もおさまりました。
急にギクッとなると驚かれることでしょう。しかし、肋骨の可動制限による痛みは、こうした症状の出方をすることが多いのです。この方の場合、ご自身で運動されていると調子よく過ごせていたのですが、運動できなかったタイミングで症状につながってしまいました。日常の運動によるセルフケアと、定期的なカイロプラクティックケアで予防することが可能です。
(G)
№E48815

→症例報告のトップページに戻る

カテゴリ タグ ぎっくり腰 しびれ めまい アンチエイジング パフォーマンス 予防 側弯症 全身 医療関係者 坐骨神経痛 姿勢 子供・学生 寝違え 急性腰痛 有名人 椎間板ヘルニア 猫背 産後 股関節痛 肩こり 肩甲骨 背中の痛み(背部痛) 腰痛 膝痛 自律神経 頚部痛(首の痛み) 頭痛 首こり 骨盤のゆがみ 骨盤矯正
 
LINE 友だち追加 日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ