タグ: , , ,

「ミシンで肩こり、左肩甲骨のしびれ」(40代女性 主婦)

何年も、全身がこった状態が続いている。たまにマッサージに行くと少し楽になるが、またすぐに戻ってしまう。下の子が小さいので、そのマッサージにもここ2年は行けていない。
今回は3カ月前から家でミシンの仕事(内職)をするようになってから、肩こり(特に前側)がつらい。姿勢が前傾しているのが良くないのでは、と思っている。ひどいと左肩甲骨がしびれるようになってきた。せっかちな性格だからか、元々肩に力が入りやすく緊張しやすい。ストレッチを毎晩しているが、改善されない。友人の紹介でカイロプラクティックを知り、受けてみようと思って来院した。

初回来院時の状況

本人の自覚通り、姿勢が前傾していた。特に頭部が前方に位置して、頭を支える首から肩にかけての筋肉に緊張がみられた。両肩も前方に巻き込んでいて、特に左肩は右肩に比べ前上方に位置していた。左肋骨が後方で固まっていて、押すと左肩甲骨へのしびれが誘発された。顔を左に振り向くと、左の首から肩にかけて痛みが誘発された。カイロプラクティック検査では、しびれの原因の肋骨とそこに関連する胸椎、頚椎に問題がみつかった。

施術内容及び経過

前傾姿勢で固まった状態が症状につながっていると考え、姿勢のクセを正すように問題のみつかった肋骨、胸椎、頚椎にカイロプラクティックの矯正を行った。前方に巻き込んだ肩は、短縮している筋肉にストレッチを加えた。すると1週間後には「一番気になっていた肩がほとんど気にならず、びっくりした」と自覚症状が大幅に減少していた。顔を左に向けた時の痛みも緩和し、やや気になる程度だった。検査上は少し問題が残っていたので継続して施術し、計2回で終了となった。その後は、不定期でメンテナンスに通われている。

担当者コメント

カイロプラクティックの矯正がすごく合っていたようで、その場でコリの改善を実感されていました。マッサージで筋肉を緩めてもすぐ戻る場合、この方のようにカイロプラクティックで骨格から正していくと効果を実感できることがあります。特に肋骨(肋横突関節)を押した時にしびれ(関連痛)が出るような場合、カイロプラクティックの矯正なら関節へ直接アプローチすることができるので、効果的だと思います。その後ミシン仕事が忙しい時には肩こりになりますが、しびれは再発していません。
新型コロナウイルスで、働き方にも変化が出てきています。在宅ワークが続き座り姿勢が良くないと、負担がかかってくることがあります。症状がひどくなる前に、カイロプラクティックでケアしていきましょう。
(G)
№E90417

→症例報告のトップページに戻る

カテゴリ タグ ぎっくり腰 しびれ めまい アスリート アンチエイジング パフォーマンス 予防 側弯症 全身 医療関係者 坐骨神経痛 姿勢 子供・学生 寝違え 急性腰痛 有名人 椎間板ヘルニア 猫背 産後 股関節痛 肩こり 肩甲骨 背中の痛み(背部痛) 腰痛 膝痛 自律神経 頚部痛(首の痛み) 頭痛 骨盤のゆがみ 骨盤矯正
 
LINE 友だち追加 日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ